月兎社のモト
by calico5
メモ帳
カテゴリ
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
日々の出来事ランキング
画像一覧
XML | ATOM

skin by excite
金沢その3/金沢バロック。
ガラスフレームのアトリウムスタイルの駅はめずらしくないですが、とにかくデカイ。そしてこのどでかい「鼓門」。金沢は武家文化の街ということで、能楽が盛んである由。横から見ると???でしたが正面からみると威風堂々。来年3月に長野新幹線がついに金沢まで開通です。開通して混む前に、とゆうことで今回は飛行機(小さい空港を使う飛行機+宿泊のパックってけっこうお安いのがあるのだ)。すばらしい快晴で、御嶽山の噴煙のむこうに富士山が見えるという絶景に胸をうたれました。
小松空港から全国白山神社の総本宮である白山比咩神社にゆきました[LINK]。落ち着いたお宮でしたが、御神馬像がバロック!
鞍に描かれているのは、ハクサンシャクナゲ、クロユリ、ウメバチソウ、雷鳥、ヤチアザミ、ハタサクフウだそうで、これらのモチーフは金沢のあちこちで目にすることになりました。
ね?(いやー、「ご当地ポスト」はあちこちで見たけど、金沢のこの坊ちゃんはすごいわ)
富山の伝統工芸「細工蒲鉾」!スゲー!47.520円ナリ!鮨蒲本舗 河内屋さん[LINK]。
やっぱり買えば良かった~ともうれつに後悔してます「手まり蒲穂子」[LINK]。金沢駅の「百番街あんと」はほんとおもしろかったでした。代表的なお菓子や食品のお店はだいたい出店しているので、散歩の途中でいいなーと思ったもの、さいごにまとめて再会できました。かぶら寿司もおでんもむちゃくちゃ美味しかったです。すっかり梅貝ファンになってしもうたですよ。
# by calico5 | 2014-11-16 03:24 | ぶらぶら
金沢その2/「もりの音」。
江戸時代の加賀藩士たちの屋敷跡のつらなる長町へいって、美しい並びの武家屋敷、みんなそのまま住み続けられてることにびっくり。何百年お隣さんなんだ~!想像もつかない町内会人間模様である…と、そこにあったのが「茶菓工房たろう」さん[LINK]。モダンで上品なパッケージにほれぼれ。
寒天の干菓子です。
「毎月新作和菓子を月の始め1週間だけお作りします」という「たろうの1週間」というページもうつくしー[LINK]。「金沢のひとは”ぼっこり”(せかせかしない)で遊びずきだから、お茶とかならってるひと多いです」なんですと。そして「金沢は武家風ですから。京都の公家風とはちがうという気持があります」というタクシーや喫茶店できいた言葉が腑に落ちました。
# by calico5 | 2014-11-15 13:42 | ぶらぶら
金沢その1/金沢加賀八幡起き上がりもなか。
先月末、金沢にいってきました。さすが金沢、デザインが洗練されていて、お菓子をついついジャケ買い…。
まるいヒトタチ。
加賀八幡のお守り加賀八幡起き上がりをモチーフにしているそうです[LINK]。ほどよい甘さのあんことぱりぱりのかわが美味しい最中でした。金沢うら田HPはこちら[LINK]。
去年、昨年、イラストレーター・赤池佳江子さんがこの加賀八幡起上がりのイラストを絵付けした「てるてる」をつくってらしたんですね。カワイイ~。写真はこちら金沢桐工芸岩本清商店のサイトより[LINK]。
# by calico5 | 2014-11-15 12:47 | いろいろ
来年の熊手はヒツジ盛り!at 新宿花園神社一の酉。
新宿花園神社の一の酉にゆきました。わーお、ヒツジ熊手!そうだ来年は未年です。
やっぱり花園神社すごい!提灯への名入れの気っ風がハンパない。
どバロック。
猫盛り熊手も。刀ものってるー。
ヒツジ3頭親子盛り。ふくろうと王将もトッピング。もうなんだか…すでにほとんどクリスマス風味!…白い御輿が生誕の厩にみえますー。・゚・(ノ∀`)・゚・。。
一の酉本番は本日、11月22の二の酉は浅草おとりさまいっちゃお![LINK]。




# by calico5 | 2014-11-10 10:24
ユカワアツコ「トリルの酉の市」展at旅猫雑貨店と、その御利益。
雑司ヶ谷・旅猫雑貨店さんで開催中の、ユカワアツコさん「トリルの酉の市」展にいってきました。開くとこぼれる雀と稲穂、鳴子の音が聞こえそう。トビダストリーや羽根箋もせぞろい。…ユカワさんの展示のほかにも楽しいもの可愛いものいっぱいの旅猫雑貨店さん[LINK]でした。11月23日(日)までですので、ぜひ!
人生初熊手に、やや興奮気味に散歩続行。
御利益その1。「雑二ストアー」にそうぐう。…旭川にある市場と同じ構造でチョト感動。御利益その2。大鳥神社の前でユカワさんにばったり遭遇(わーい)。
御利益その3。目白不動に遭遇。これでついに東京五色不動(目黒目白目赤目黄目青)を制覇。
御利益その4。UFO遊具に遭遇。
UFOをのぞき込んでみると…、
「生きるのは最高です」…おつげキタコレ!(花園神社につづく~)

# by calico5 | 2014-11-09 23:39 | 本・映画・展覧会
ブックカービング、広辞苑のマウントFUJI。
なんだかアメリカで大流行?のブックカービング。迷宮的幻惑的な作品が多いなかで、この禅庭的造形にくらった…どなたの作品なのか知りたいです。日本のひとかなあ。http://9gag.com/gag/4475074より。




# by calico5 | 2014-11-06 08:36 | アーティスト
「シャーマンズ・ドレス」by Mar Goman。
ノースウエストで活動するミクスド・メディイアの作家、Mar Gomanの「シャーマンズ・ドレス、2010」[LINK]。
ディテール。
「マタニティー・ドレス、2010」。
ディテール。
「ドレス・ブック、2011」[LINK]
# by calico5 | 2014-11-04 20:43 | アーティスト
オズー博士のパピエマッシュきのこ標本。
わ!これはなんだ?…19世紀フランスの解剖学者でパピエマシェ(紙を圧縮して膠を塗る技法)の人体解剖模型で知られるルイ・トマジェローム・オズー博士のキノコだそうな。
ヒダもかさもパピエってます。
留め金がついて、「ココアケロ」の指示マーク。ナポリなどで盛んだったそれまでの蝋細工による解剖模型は高価で脆く、医学生らが手で触れ開閉して学ぶことができなかったため、オズー博士はパピエマシェを作りはじめたそうです。
これらオズー博士の模型は米フィラデルフィアのグナー・フリー・インスティチュート・オブ・サイエンスの所蔵品です[LINK]。写真は同館frickrサイトより[LNK]。ワークショップ等の写真も楽しそう。実業家で慈善家、アマチュア科学者のウィリアム・ワグナー氏が作った科学博物館だそうです。行ってみたいなあ。
++
オズー博士のパピエマシュ模型アトリエ。植物、キノコはともかく、昆虫[LINK]や指[LINK]、はかなりガクブル!
# by calico5 | 2014-11-01 16:35 | 本・映画・展覧会
ナマハゲノアール?!

神代植物園のダリア園、じつはいつも楽しみにしてます。
…しかし、でもでも、「ナマハゲノアール」?


「ナマハゲパープル」


「ナマハゲマジック」!

ほかに「ナマハゲレディ」「ナマハゲサンセット」もあるという「NAMAHAGEシリーズ」は、世界的に著名なダリア育種家の鷲澤幸治氏と秋田県のコラボレーションで2012年に誕生したダリアだそうです。ダリアをみると子どもの時のビーチサンダルを思い出してしまうじぶんには、なんだか夏のイメージなんだけど、考えてみればじっさいのダリアをよく見たのって軽井沢。夏期冷涼な土地の花なんだなあ。ことに秋田はダリアの産地で有名なんだそうです。
「NAMAHAGEシリーズ」ダリアについてはこちら[LINK]、
育種家鷲澤幸治氏の秋田国際ダリア園についてはこちら[LINK]です。


マロンソフトクリームも美味しかったでした~。
# by calico5 | 2014-10-27 11:37 | いろいろ
岐阜モーニング?

なんだか新聞の見出しが目に残っていた「岐阜モーニング」という言葉ですが、先日そうぐうしてしまいました。
栗ご飯、香の物、長芋のお味噌汁。
こちらが「本体」のお茶。ただでさえお菓子付き…東海地方に通うようになって、名古屋式のモーニングの風習が面白いなあと思っていたんだけど、岐阜人よ、これいただいてよろしいのか?!??と、たじろぎつつ、美味しくいただきました(笑)。ちなみにこの金平糖は蕎麦のの金平糖で、つぶつぶは内にしこんである蕎麦の実だそうです。
# by calico5 | 2014-10-26 01:53 | いろいろ
< 前のページ 次のページ >