月兎社のモト
by calico5
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
メモ帳
カテゴリ
以前の記事
2015年 06月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
鳩山郁子「白い金平糖の島」ご注文受付開始。
d0015006_1374889.jpg
鳩山さんのオリジナル作品完売ありがとうございました!書き下ろし中編漫画BOX「白い金平糖の島」も[UP]し、ご注文承り中です[UP]
「白い金平糖の島」、冊子はきのう午後納品されてまいりました。表紙の設計は束見本(本番使用の白紙で製本した本)をとって実際に計ってつくるのが鉄則なのですが、今回は計算上の数字だけで入稿データ作ったので背の厚さがぴったりいってるかビクビクでしたが、ごらんのとおり!助かった~(束見本はやっぱりとらないとイカン!反省!)。
d0015006_6334541.jpg
本文プリント初お目見え!
d0015006_638193.jpg
作品のご説明は、読むだけでわくわくするような自作解説を鳩山さんが書いてくださいましたので[UP]、月兎社からは今回もちいました紙のご説明を。
まず外函。最初のBOX「ニオラの黒い騎士」の用紙選びをしていたときから、鳩山さんと「いつか蒼がふさわしい作品をだすときがきたら、この紙をつかおう!」とふたり心に決めていたインターナショナル・クライン・ブルー(この方の「蒼」です[LINK])の紙があったのです。いよいよその時がキタ!とワクワクだったのですが、いざ発注してみたらば表面加工の薬品が糊をはじくので函作りには使えないことが判明。かな~りがっかりしつつ、急遽鳩山さんとおちあって、竹橋の竹尾さんのショールームに紙えらびに[LINK]。(あれは「切手帖とピンセット」の印刷立ち会いの日だったなあ。心配そうなお顔の鳩山さんと雨のしのび逢いでごじゃった)。そこで出会ったのがこの「イームズ」[LINK]です。1950年代のモダン・デザインを牽引したイームズ夫妻[LINK]の名をフューチャーした製品ですから、クラインの芸術的な至高のブルーと較べるとややポップ。…いや逆にそこがいいかも…この明度の高いブルーはすばらしい!…とこの「イームズ」に決定いたしました。
小さな函に使いましたのは「ジャンフェルト」[LINK]。これはさいきん月兎社が気に入ってる紙です。あったかいけどクールだぞ!
冊子の表紙は「リ・シマメ」[LINK]。「winter winders」でスーパーホワイトを使った紙です。今回はクリームホワイト。表紙イラストや函のブルーをくっきり見せる真っ白か、すこし古風な雰囲気を出すクリームかでだいぶ迷ったのですが、鳩山さんにお願いした18世紀ふうタイルは、白地だと発祥の地、北方オランダのデルフト・タイルのイメージになってしまうかも、とクリーム地を選びました。南方アズレージョ風味にしなくちゃね!
d0015006_818568.jpg
そして今回の本命は、見返しの「クロマティコ」です[UP]。まさにクライン・ブルー!クロマティコは張りのある厚トレーシング・ペーパーですが、ちょっと信じられないぐらい、濃い深い色合いのシリーズです(オペラ・ピンクも赤もすばらしー)。

こうして仕上がりました「白い金平糖の島」BOX。銀箔押しの金平糖が、打ち寄せる波のようなイームズのエンボスに浮かんでいます。イームズとクロマティコ、リ・シマメとジャンフェルト。階調と風合いの異なる蒼と青、エクリュ…仕上がりを想定して組み上げてきた紙の重なり、自分たちが思っていたより美しい仕上がりでとてもうれしいです。これこそ本やBOX制作の醍醐味!どうぞ手にとってお楽しみください。…それにつけても鳩山さんのアズレージョ・タイル・イラストの魅惑は欠けたタイルのトロンプルイユのような効果。その画力とセンスにあらためて脱帽です。

おくれてしまいましたが、きょうユカワアツコさんのコトリ・オーナメントをUPしますので、どうぞお訪ねください!「白い金平糖の島」のメール返信もきょうじゅうにお送りします。何卒よろしくお願いいたします。
by calico5 | 2009-12-16 07:57
<< ユカワアツコさんコトリ・オーナ... 鳩山郁子2009年クリスマス・... >>