月兎社のモト
by calico5
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
メモ帳
カテゴリ
以前の記事
2015年 06月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
頭上の赤ボンボリ。
d0015006_242388.jpg
春リモ、「切手帖とピンセット」でご紹介した本を2冊[UP]です。1冊は「ラップランドの子どもたち」(1937?年刊)。スカンジナビア半島最北部からロシアのツンドラ地帯にかけてトナカイを追って暮らす人々、サーミ人(ラップランド人)についての、ソォラ・ソルマルクという女性によるキュートなフォトブックです(名前からしてスウェーデン系?)。表裏の表紙の写真がこういうふうに逆版になってる不思議な造本。スウェーデンの児童書のなかで、頭におっきな真紅のボンボリをつけている人たちを見てからサーミの人たちが気になっちゃって本をさがしていたところ、ハッピーにもこの本にでくわしました。ラップランド人という旧称は「追いやられた人」という意味なので、今は使わないそうです。
…個人的にはラップランド人というと大島弓子大先生の「いちご物語」(ヒューガオン!!)なんですが(笑・[amazon])、ラップランド育ちの主人公いちごが恋しく思うラップランドのおばちゃん家族がなぜボンボンのヒトタチでなかったんだろーってチョト残念なんだけど、サーミ人がスウェーデン、ノルウェイ、フィンランド、ロシアから一応の自治権をみとめられた半国家となり民族の誇りがもどってきたのはここ何十年かのことで、その前はみなじぶんたちの民族衣装を着ることもやめていた由、「いちご物語」史実に忠実かも。この自治をつかさどるのが「サーミ人会議」なんだけど、その議員を選ぶ選挙の選挙権者の条件が面白くて、「サーミ語」を第一言語とすること。…だからラップランド育ちで日本語よりラップランド語が得意だった「いちご」は、サーミ人会議の選挙権もてたのだ[LINK]
d0015006_227984.jpg
本文はこんな感じで、モノクロ写真と説明文が見開きでセットになっています。紙はザラ紙だし印刷も粗いのだけれど、レイアウトがいきとどいていて、お金無いけど、関係者みんながせいいっぱい工夫して作ったなあという気持ちのよい本。
d0015006_2304096.jpg
セレクトされた写真にも子どもたちへの率直で親密な視線が感じられて、彼女ってどんなひとだったんだろうって、今ちょっとこの女性に興味を惹かれています。(*後日この本の版元が大手地図会社であったことが判明[UP]
d0015006_2355118.jpg
もう1冊は「葉書でドナルド・エヴァンズに」。作品社在職中に担当させていただいた本です。版元在庫ゼロになっているとのことのですが、古本屋さんで発見。ほんとうにすばらしい本なので、この機会にぜひ!
by calico5 | 2010-03-22 02:39 | 本・映画・展覧会
<< 鳩山郁子アナウンスメント更新。 新緑そろそろ? >>