月兎社のモト
by calico5
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
メモ帳
カテゴリ
以前の記事
2015年 06月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
世界的地図会社でした。
d0015006_23172971.jpg
年度上半期の帳簿をようやっと付け終え、印税もお支払いしてほっとしています。今期もたくさんのご注文ほんとうにありがとうございました!
…そこに届いたのが「日本の子どもたち」。ふっふっふ、「ラップランドの子どもたち」[UP]「スイスの子どもたち」[UP]のシリーズに日本編があったのだ。
d0015006_23221273.jpg
このシリーズの本扉、好きだなあ。…でも3冊のクレジットを改めて見直して、誤解してたことがわかりました。ラップランドの子どもたち」「スイスの子どもたち」のソルマルクさんは写真家ではなく文筆家。このシリーズは各国の観光協会、交通協会から借りた写真を使って編集されたシリーズだったんでした。それというのも、この版元ランドマクナリー社は、世界屈指の歴史と実績を誇る地図&地球儀の発行会社だったのだ!
いまもランドマクナリー・ロードアトラスと言えば世界的に有名な地図だそうで(無知だったあ!)、小さな印刷工場としてスタートし、写真入りの自動車ルートマップであてて大きくなり、紙および電子の地図と地球儀では昔も今も先駆的技術を持っている会社だそうです[LINK]
というわけで、写真を使う本を作るのはお家芸というわけ。ランドマクナリー社は児童向け教育図書事業にも力をいれてきていて、このシリーズが発行されていた1930年代には「チャイルド・ライフ」という絵入りのショートストリー児童誌も刊行していました[LINK]
d0015006_23355928.jpg
子ども向けだし日本のことだから読みやすいかもとめずらしく読んでみたところ、結構可笑しい。「日本は小さな国、すべてのものが小さくて、華奢で美しく、妖精の国とも言われます」とロティの「お菊さん」[amazon]、ハーンの「日本の面影」[amazon]ふうの記述にはじまりますが、「東京や大阪は大都会。ニューヨークと変わりません。しかしもともとの日本も残っています」と、西洋化されつつ昔ながらの暮らしも色濃く残っている戦前の日本の子どもの暮らしを伝えようとしています。でもこの本の筆者ステラさんはなんでか「正座」にこだわっててくわしく正座を描写。「日本の人々は、ひらたいクッションあるいは自分のかかとの上に座ります」っておいおい(笑)。もひとつステラさんがみょーに詳しく説明するのが「次男坊」。「日本の子どもはとても大事にされていて、大人たちに静かにやさしく話しかけられ、微笑みかけられて幸せに暮らしています。」しかし!「特に大切にされているのは長男で、次男坊はご飯の時も兄さんのあとにしかご飯が貰えず、いつも冷たいご飯を食べていて<Cold Rice坊ちゃん>と呼ばれています。なんて可哀想なCold Rice坊ちゃん!」と、1頁まるまるオトウトネタに費やし、このような写真もつけてます。キャプションも「Master Cold Rice Eats at last」。何の事を言ってるのかなあ?と思ったけど、あっ、「冷や飯食い」か! …うーんステラさんどこでこの言葉を知ったんだろう(笑)。成人すると総領息子以外は母屋とは別棟への「部屋住み」となるから運んでるうちにご飯が冷えちゃうっていうあれですね。でもこの写真の<Cold Rice坊ちゃん>は可愛い姐やさん?にサーブされつつ、ステキな洋食器でお紅茶を楽しんでます。ブレックファーストは半熟玉子と厚焼トースト。よかったね!坊ちゃん。

きょうは有隣堂ルミネ横浜店さんへ切手の納品発送させていただきました。横浜にお近くのみなさま、連休ぜひお立ち寄りください! 
by calico5 | 2010-04-30 00:17 | 本・映画・展覧会
<< 羽田ロード。 ユカワアツコ「BIRD WAT... >>