月兎社のモト
by calico5
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
メモ帳
カテゴリ
以前の記事
2015年 06月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
「ルーシー・リー」展。
d0015006_10251741.jpg
かけこみで最終日「ルーシー・リー展」いってきました[LINK]。うーん、よかった。観てから1週間たつのに、ルーシー・リーの作品を観たという感覚がいまだどっかに残ってます。それを言葉にする陶芸語彙がじぶんにないのが残念なり。会場で流していたBBC制作の番組「オムニバス」をじっくり見られなかったことがかなり心残り(展示に見応えあってフィルム観る気力のこらなかったー)。デビット・アッテンボローがルーシー・リーにインタヴューしているフィルム(1982)でした[LINK]。vadsのルーシー・リー・データベースはこちら[LINK]
このあと益子陶芸美術館、MOA美術館、大阪市立東洋陶磁器美術館、バラミタミュージアム、山口県立萩美術館に巡回するそうですから、近くにきたらぜひ!こちらの動画で盛り上げつつ[LINK]?ハンス・コパーの展示も本日より[LINK]
写真はルーシー・リー・クリアファイル(笑)。「きっとクリアファイルとかあるよー」と茶化しながらミュージアム・ショップに足を踏み入れたのに、見るなり「いいじゃーん!」と2つも買ってしもうた。とってもきれいです。図録も真四角でカコイイ。
d0015006_10413291.jpg
「芸術新潮」も、美しい作品写真と、ルーシーの生前の姿を伝えるスナップ写真がたくさん、記事も読み応えありました。1989年の日本で最初のルーシー・リー展を企画したのが三宅一生さんであったこと、ふたりの交流のきっかけとなったのはルーシーのボタンをつかった三宅一生のコレクションであり、今回の回顧展で展示されていたルーシー・リーの陶器のボタンとその焼き型(これがおもしろいんだよー)は、遺言により三宅一生に贈られたものであったことなど。こちらもおすすめです。
by calico5 | 2010-06-26 11:03 | 本・映画・展覧会
<< かえり咲き。 鳩山郁子「鳩小屋つれづれ日誌」。 >>