月兎社のモト
by calico5
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
メモ帳
カテゴリ
以前の記事
2015年 06月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
「ロッキー・ホラー・ショー」!
d0015006_1351348.gif
02になってなにやらエグい画像ばかりだけど奇天烈ミュージカルといえば「ロッキー・ホラー・ショー」[amazon]をおとすわけにはいかナイ。今月ムービー・プラスでガンガンやってるのでケーブルTV加入者は観てくだされ!

中坊だったおいらが「大島弓子さんがよく書いてるヘルムート・バーガーが出てる『地獄に堕ちた勇者ども』が観たい」というキヨラカ?な心でむかったその日の大塚名画座は「地獄に堕ちた勇者ども」[amazon]と「ヤング・フランケンシュタイン」と「ロッキー・ホラー・ショー」の3本立。(人造人間とガーター・ベルトで踊るオトコのしりとりになってんのさ。ふぉっふぉっふぉ)。古びた大塚名画座内部の「地獄」めあての文学系お耽美お姉様がたと「ロッキー・ホラー」めあてのサイケな厚化粧お姐様がたが睨み合いつつひしめく異様な熱気にびびりながらの1本目「ロッキー・ホラー」。このまっかなくちびるの大写しがえんえんと歌うオープニング・タイトル、画面にあわせて新聞かぶるは、ライター灯すは、スクリーンの前で踊りだすはのサイケ組に圧倒されつつトランスセクシャル、マッチョ礼賛のロック・ミュージカルは完全にトラウマ化してこの大クチビルを何度夢にみたことか!いまとなっては「地獄に堕ちた勇者ども」は1回観ればたくさんだけど「ロッキー・ホラー」は100回観ても楽しいがな!サントラ[amazon]いっつも聴いていたがな!ムチャクチャだけどさいごのプールのシーンとかさ、何ともいえない抒情もあるのさー。ティム・カリー、最高!

ちなみに名画座によって3本の組み合わせは微妙にちがってて「ロッキー・ホラー」と「ヤング・フランケンシュタイン」(これも100回観てもおもしろい!大好き。だまされたと思って観てチョーダイ[amazon]。)はおんなじで、これに「地獄に墜ちた勇者ども」をあわせるのが文学的な大塚名画座、「博士の異常な愛情」(これもムチャクチャおもしろい[amazon])をあわせるのがファンキーな三鷹オスカー、「フレッシュ・ゴードン」か「ファントム・オブ・パラダイス」をあわせるのがさすがは都会の猥雑さ池袋文芸座だったのお。ホント毎週末三鷹オスカーに12時間籠もっていた高校時代であったのであった。

(せんじつ雑誌を見ていたらルキノ・ヴィスコンディの小特集があってヘルムート・バーガーが「監督が亡くなってからのわたし一生は未亡人としてそれなのです」と語っていて、うーん、しんみり。個人的にはだんごっぱなだと思うがな!)。
by calico5 | 2005-04-06 13:03 | 本・映画・展覧会
<< スウェーデンの児童書。 「ミュラー探偵事務所」。 >>