月兎社のモト
by calico5
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
メモ帳
カテゴリ
以前の記事
2015年 06月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
音源さがしつつ「西洋音楽史」/ルネッサンス前期編。
d0015006_211814.jpg
音楽史00/音楽史にうといので、岡田 暁生さんの「西洋音楽史―<クラシック>の黄昏」 (中公新書) [amazon] と、「CD&DVD51で語る西洋音楽史」 [amazon]。ルネッサンス前期編(15世紀)ゆきまーす。
d0015006_2112165.jpg
[youtube]
音楽史08/ジョン・ダンスタブル。英仏の百年戦争により、大陸にイギリス音楽の暖かくおおらかな旋律が入ってきた。岡田暁生「西洋音楽史」、 p.36。
d0015006_21142774.jpg
[youtube]
音楽史09/デュファイ「わたしの顔が蒼いのは」15世紀。「人生の美を謳歌することはけして罪ではない」。ルネッサンス音楽のはじまり。「ハルモニアは数から美になったのである」岡田「西洋音楽史」、 p.33。
d0015006_2120848.jpg
[youtube]
音楽史10/ギヨーム・デュファイほかフランドル楽派の特徴は「均質でのびやか流麗な甘い響きの流れ」。「定旋律(借旋律)」は聖歌だけでなく世俗曲からでも可に。世俗曲の歌詞もラテン語の宗教曲のものに置き換えられた。岡田暁生「西洋音楽史」、p.41
d0015006_2121084.jpg
[youtube]
音楽史11/ヨハネス・オケゲム。フランドル楽派。「神秘的な中世の気分を色濃く残している」岡田暁生「CD&DVD51で語る西洋音楽史」 、p.37 自身が著名なバス歌手で、バス旋律が複雑(wiki)
d0015006_21222938.jpg
[youtube]
音楽史12/ピエール・ド・ラ・リュー。ルネッサンスはミサ曲の黄金期。 岡田暁生「西洋音楽史」p,40。
d0015006_21235161.jpg
[youtube]
音楽史13/ルネッサンス最大の作曲家ジョスカン・デプレ。ミサ「パンジェ・リンゲア」 ボッティチェリ、ダ・ヴィンチと同時代人で「完璧なる芸術」と呼ばれた。岡田暁生「CD&DVD51で語る~」 、p.37。
d0015006_21255738.jpg
[youtube]
音楽史13b/ジョスカン・デプレ。「通模倣」一種の輪唱カノン。バロック時代のフーガはこれを鍵盤楽器に「復古」したもの。岡田暁生「CD&DVD51で語る西洋音楽史」 p.41。
d0015006_2127155.jpg
[youtube]
音楽史14/アントワーヌ・ブリュメル、12声のミサ。「横の線ではなくて、垂直のハーモニーの柱が印象に残る」岡田暁生「CD&DVD51で語る~」 、p.40。
d0015006_21283684.jpg
[youtube]
音楽史14b/同じくアントワーヌ・ブリュメル、12声のミサ「見よ、大地が多く揺れ動き」。 12人いる!…てゆうか、たった12人ですごい…音楽を演奏映像でみるのも面白いなあ。
d0015006_21294349.jpg
[youtube]
音楽史15/16世紀に入ってニコラ・ゴンベール。カール5世に宮廷礼拝室の少年合唱団の指導者として使えたが、少年を陵辱してガレー船で服役(wiki)。「マニフィカト」で王の赦しを得る。不協和音の頻繁な利用。
d0015006_21311220.jpg
[youtube]
音楽史15b/ニコラ・ゴンベール。なんかフゴフゴした器楽も哀愁。
by calico5 | 2012-08-07 21:09 | 本・映画・展覧会
<< 改造できる? その2。 ロッシーニのミャオミャオ。 >>