月兎社のモト
by calico5
メモ帳
カテゴリ
以前の記事
2015年 06月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
となりまち、天狗の火ばしら。
d0015006_0573636.jpg
大河ドラマのオープニングゥ?という光景ですが、一ヶ月遅れ夏休み帰省先の、隣町内会のお祭りなんである…ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ。
d0015006_113418.jpg
昼間はこんな感じでのんきに町を練り歩いてた天狗サンが、
d0015006_125315.jpg
いきなり、
d0015006_132368.jpg
これだもの、
d0015006_134340.jpg
ダイジョブか、このひとたち!
d0015006_110231.jpg
さっきまで、おわら風の盆?的優雅な灯籠道中だったのに、
d0015006_17999.jpg
いまや、誰か燃えてますよ~、状態。しかもこれを6回(9回かも)も繰り返しながら鎮守まで上っていくのでした。

d0015006_183085.jpg
天狗が、収穫されたばかりの大藁束をぶんまわて、しめ縄で閉ざされた結界を、炎と刀で突破していくストーリーが演じられる秋祭りなんですが、ここは、ほんとにフツーの小さな町。「天狗役の人は、練習たいへんですね」と言ったら「うんにゃ、あんな危ないこと、練習なんかしない」というお返事。ひー、ぶっつけ本番。…まあ、神事ってそういうもの?一発入魂?…でもやっぱり、雪国の人って「たが」はずすとハゲシー、と思わずにおられませんでした(スミマセン~・笑)。…もうみんなきゃあきゃあいいながら炎から逃げ惑ってススだらけで楽しかったんですが、でも、火の粉をかぶりながら、儀式の手順にしたがって炎を律してゆく大天狗サンの所作を見ていたら、原発収束作業にたずさわっている若いひとたちの事を我知らず連想してしまって、いつしか涙ぐんでしまうのでした。…火の扱いは神さまとの契約だよ…米倉ブ~!
by calico5 | 2012-09-26 01:36 | ぶらぶら
<< かねはると幟とカメラ墓BAKA。 倉敷意匠アチブランチで「祈りの... >>