月兎社のモト
by calico5
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
メモ帳
カテゴリ
以前の記事
2015年 06月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タフネスと笑顔とコミットと。
d0015006_1303234.jpg
「フジヤマ ガイチ ‏@gaitifujiyama 東京で石原や猪瀬が何故選挙で圧倒的になるのか。都内の小中学校のPTAの役員会とかに出れば一発で判るよ。もしくは一戸建て中心の住宅街の自治会とかね。ああいう所で中心にいる人達が彼らを支持している。今回の猪瀬大勝は言い換えれば都内では階層社会化が激しく進んでいるという言い方もできる」

宇都宮健児さんの選挙ちらしのポスティングしながら、それはすごく感じた。ふつうの4倍はあるお屋敷地域では、これくらい余裕あれば「人にやさしく」なれるかな? そのお屋敷が分割された6戸同じコジャレ建て売りだと、こりゃ上昇志向で猪瀬だなあとか。

マンションがあればチラシは早くはける。アパートだと、眠るだけなのか半分のポストはチラシでいっぱいで入れることも出来ない。その先にはじぶんのポストを持てないひとたちがいる。…でもじぶんは原発事故が、そんな階層を突き抜けさせるかと思ってた。

汚染された空気、次の地震がもたらすかも知れない破局、その前にはビンボーも金持ちないだろうと。でもそれは間違いだったみたいだ。とにかく多くのひとは「景気のいい話」が好きなのだ。…というか、「それはそれ、これはこれ」。選挙というのはリアルライフとは別物であるらしい。

だから東京新聞の「自民大勝、しかし民意とのずれを認識すべし」とか…良心的な新聞だけど無理がある。ずれた投票をするひとたちがヘンなんだから、投票された方に注文つけるのは筋違いだ。

宇都宮健児さんは「上から目線の都知事はいらない」と言った。でも「斜め上目線の有権者」は「上から目線のヒト」に自分を投影したいみたい。とゆうか東京のマジョリティはかろうじてまだそんな余裕があるんだろうな。でもこの政権交代でまた過酷なドッグレースが始まる。

敗北によって、宇都宮さんはより強いカードを手にしたと思えてきた。猪瀬は自分用の450万のトイレは作ってもw、20億円の尖閣諸島買うなんて素っ頓狂なことはしない。大手商社や新興の新電気事業者と組んで、さっさと東京だけ脱原発させちゃうだろう。猪瀬よ、せっせと金を稼いでください。

知事選は宇都宮さんの知名度を格段に上げ、その人柄信念は勝手連をふくれあがらせて、政治活動へのハードルを格段に下げた。反原連がデモへと誘いだした人々の中から、さらに一歩踏み出して他人にコミットしなくてはと考え始めた人々を招き寄せて、運動というものを経験させてくれた。

そのすべてが指示でも支配でもなく、ただ場所だった。宇都宮健児さんの事務所や街宣の場に行った人が、じぶんの気づきや、性格や能力に合ったことを、少しづつやり方を会得したり、工夫したりしてた。それはとても素晴らしかった。みんな楽しく、にこにこしてた。宇都宮さんおそるべし。

猪瀬好きの人々よ、どんどん金を稼いで、国際都市東京を作ってください。わたしたちは宇都宮健児さんに学びながら、どんどんお金の使い道を提案していく。宇都宮さんはとても頭が良くそして粘り強い交渉人だし、猪瀬はプライドが高いから、じぶんの手柄になると思えば応じてくるにちがいない。

しかしそんな東京の余裕も、いつまでもつだろうか。じわじわと貧困が?いっぱつで放射能が?…ともあれ、宇都宮健児さんのようなタフネスと笑顔をもって、ご機嫌に、他人にコミットしていかなければならない、それが3.11以後最初の選挙がわたしに教えてくれたことです。

P.S.宇都宮健児さんの選挙ボランティア「人にやさしい東京をつくる会」[LINK]は、活動を続行することをきめたそうです。興味のある方は、メルマガに登録すると続報がはいるそうです。
by calico5 | 2012-12-18 01:42 | いろいろ
<< キューポラのある街。 あー >>