月兎社のモト
by calico5
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
メモ帳
カテゴリ
以前の記事
2015年 06月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
杉本博司回顧展「時間の終わり」。
d0015006_1052064.gif
六本木ヒルズ森美術館[LINK]。いや、すごかったっす。作品はむろんだけど作家自身による会場設計スゴすぎ。こんなソフィスティケートされた展覧会ははじめてみました。ことに第1室、19世紀末にドイツからもたらされた数理模型をモニュメンタルに撮ったシリーズ「Conceptual Forms」を展示する白い柱廊のモニュメンタリテイとパースペクティビティ。ああっアタマよくナリタイってつい思っちゃう理知的垂直空間(笑)。うってかわって第三室「Seascapes」は水平線の水平空間のなぜここまで波を撮影&現像できるの超絶技巧。ライティングも設置された水平能舞台もあいまって、写真集じゃぜったいわからない世界。映画2時間分の光が浮かび上がらせる「Theaters」、自然史博物館のジオラマ「Dioramas」も懐かしかったけど「無限遠の2倍に設定された焦点」(うっ、なんじゃそりゃ)で撮影された「Architectures」こんかいキました。むろんボケボケなんだけれどその焦点では弱いディテール、弱い建築はおのずと姿を結ばない。その焦点距離に耐えて姿を保ち得た建築だけが作品化されるというコンセプト。じぶんにとって建築物の夢は予兆にみちたある種の悪夢だけど、このシリーズを展示した第6室は夢をみている網膜みたいっだったぜ。フランドル絵画の精密視覚に挑んだ「Portraits」の間も悪夢空間の一種だったけどね。

会場をでると六本木ヒルズの展望空間。中央線ヒッキーにはわからんがTOKYOはいまだ世界に繋がっていたのだった(笑)。売店で売っている「BRUTUS」杉本博司特集号(9/15号)もおすすめ!(売店には大森荘蔵先生の「時間と自我」[amazon]ほか傑作時間論も並べてあったのもなつかしかった。愛読書なんだろうか??)。うーん、なんかたいへん気持ちの高揚する回顧展でありました。
by calico5 | 2005-09-28 10:50 | 本・映画・展覧会
<< 模型東京。 勝本みつる展 at 名古屋「:... >>