月兎社のモト
by calico5
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メモ帳
カテゴリ
以前の記事
2015年 06月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
熱海、昭和ないちにち。その2)起雲閣の泰山タイル。
d0015006_0451418.jpg
次なる熱海タイルは、「熱海の三大別荘」と謳われた起雲閣[LINK]の、2代目の持ち主、東武鉄道グループの社主として「鉄道王」と呼ばれた根津嘉一郎(根津美術館の根津さんです)が施主と成って昭和7年(1932年)に完成した「玉姫の間」付きのサンルームのタイルです。
水をうったかのような瑞々しい美しさで、とても82年前に貼られたものとは信じられないタイルは、京都の泰山製陶所で焼かれたもので、こうしたものを見ると、タイルって焼き物なんだなあ、とありありと。
d0015006_105356.jpg
泰山製陶所は、池田泰山が1917年(大正6年)に京都で創業した製陶所で、美術工芸品として花瓶や置物、建築用装飾品として泰山式タイル、モザイク、照明、噴水などを制作していました。個性的な建築家と組んで、甲子園ホテル(遠藤新)、綿業会館(渡辺節) など、いくつもの名建築をオリジナルのタイルで彩っています。
先日見学してきた圧倒的な建築物、「旧甲子園ホテル」(見学時に撮影した写真はブログ掲載不許可なので残念ながらのせられません~)の泰山タイル(バーの床の乱貼り、最高だった!)、泰山瓦はすばらしく迫力がありましたが[LINK]、こちら起雲閣の泰山タイル・泰山瓦は、個人邸向けらしく、より繊細でインティメントな魅力があると感じました。
d0015006_381826.jpg
石膏の装飾もすごい。
d0015006_352162.jpg
二階からみたところ。
d0015006_361026.jpg
ほかの部屋もそれぞれ素晴らしかったです。個人的には昔のこういうスタンドが気にナル~。

福島屋旅館のご主人・松尾さんのお話だと、起雲閣はもとは個人の別荘、そのあとは高級旅館で、熱海の地元のひとたちはほとんど中を見ることはなかったそうです。旅館が廃業して、熱海市が買取り一般公開。人気の朝の連続ドラマ「花子とアン」で、柳原白蓮をモデルにした登場人物の再婚相手の炭鉱王の豪邸としてロケ地になったそうですので[LINK]、参観者がふえて、建物保存に役立つといいな! とにかくたいへんな建物です。……その3)熱海の路地路地につづく~。
by calico5 | 2014-06-17 03:21 | ぶらぶら
<< 熱海、昭和ないちにち。その3)... 熱海、昭和ないちにち。その1)... >>