月兎社のモト
by calico5
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
メモ帳
カテゴリ
以前の記事
2015年 06月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
レバノン切手讃。
d0015006_10225374.gif
切手を蒐めだしていちばんおもしろいのは、この国にはこんなデザイン文化があったんだ!無知でしたあ!(ペコリ)という驚きだけれど、レバノンのこの子ども切手「子どもの日、1966年」はなかでもいっとうびっくりしてうきうきした切手かもしんない。ディテールがひどく細かくて(お風呂のアヒルちゃん!勉強部屋の本棚のたぬき人形!)、でも全体としてはすばらしくのびやかで、デザイン的にもただものではないけれど、なんかいい国、いい時期だったんだなあって見ていてワクワクする。レバノン内戦の映像を見慣れていたので意外だったけれど、ウィキペディア「レバノン」の項をみると[LINK]、レバノンは第二次大戦中にフランスの統治から独立、「(1975年勃発の)内戦以前のベイルートは<中東のパリ>と呼ばれ、金融の中心であり、また観光地でもあった。」由。写真の切手たちは1960年代後半のものだからその時代のレバノンの空気をうつしているんだね。可愛い切手ばかりではなくて知的でクールなデザインのものもたくさんあって、レバノンを金融の中心地とした「アラブと欧米における言語や商慣行を知る有力なレバノン商人」という記述にそうかー、とうなずいてしまう。
d0015006_10543267.gif


今回のイスラエルのレバノン侵攻は新聞・TVだと経緯がよくわからなかったのだけど、「田中宇の国際ニュース解説」[LINK]の「イスラエルの逆上」の回[LINK]にイスラエルの国内情勢が整理されてました。相も変わらぬ戦争の構図にはうんざりする。利権と理不尽な大権力&プチ権力が横行する状態を渇望するやからにはほんとうにうんざりだ。

切手蒐集のおもしろさには「この国の人とメールを交わすことになるとは!」もあって、レバノンの切手商サンとメールのやりとりをしたときもそうだった。(ちょうどシリア軍撤退でレバノンが沸き立ってたころ)。この切手商さんや家族は無事だろうか。HPはまだ動いているけれど扱っている切手やコインの数が激減してるような気がする。心配です。
by calico5 | 2006-08-06 11:19 | 切手
<< ハンガー本! 勝本みつる in 大阪・gra... >>