月兎社のモト
by calico5
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
メモ帳
カテゴリ
以前の記事
2015年 06月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
家族の果て。
d0015006_1351035.gif
木モノに興味がでた昨年秋に図書館でみつけておおーっとなった「American Family Style」(1988刊。かつてオリーブ少女のバイブルだったそうな)。大家族の生きる木の家に堆積する物や思い出、季節の行事の料理やハーブ・ガーデン、夏をすごす小屋などがひどく魅力的で見飽きることのない写真集です。絶版だけどハゲシクおすすめ![amazon]

その著者の新刊が出たということでいさんで購入したんだけれど、これはなんというか手放しには楽しめないちょっと凄みのある本[amazon]。おおよそ20年をへた著者の年齢のせいもあるのかもしれない。20年前の大家族の年若い一員としての、家の中の物に対するくったくない明るい親密感が、一種の諦念のような虚無感を含んだものに変化している。(じぶんの気分としても今やこちらに親しいものを感じないではないけれど。いや、感じるから目をそむけたくなるのか)。「American Family Style」で<ファミリー:生者の繋がり>の象徴としてあったモノが、死者の連なりとしてのファミリーの遺物に変成しつつある過程をみてしまったような感覚。モノにほこりがふりつもり、乾いて霧散していこうとしている。とはいえそう簡単には成仏しないので、ヴードゥーじみたオーラがただよってしまう。…いやー、モノってたまるとホントこわいっすね(笑)。
「American Family Style」のときもこのひとの世界はただhappyな<カントリー・スタイル>というものではなく、アメリカの田舎の、ちょっとゾクリとするような闇も含んでた。アンドリュー・ワイエスの絵画のこわさやイギリス人監督のアメリカン・ゴシック美学妄想?炸裂の映画「柔らかい殻」[amazon]のシャレになんない暗さをおもわせるような。(正直、ターシャ・チューダーだって凄みがあると思う。マーサ・スチュアートみたいにヤッピー化されたカントリー・スタイルではないよね。マーサ自身には凄みあるけど・笑)。
d0015006_13312993.gif
とまあ、ちょっとコワイ世界ではありますが、錆びた鍵やはがれたペンキ壁や不思議な抽斗や本棚…と見ごたえある本であります。ちょっと背の傷んだ本を格安で買ったので大満足。(ここ数日の連投でバレバレなように2月は本買いまくりでおさいふぼろぼろナリ!)。
d0015006_13372136.gif

by calico5 | 2007-03-06 14:00 | 本・映画・展覧会
<< フランス式仏壇ねどこ。 ブラシがいっぱい。 >>