月兎社のモト
by calico5
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
メモ帳
カテゴリ
以前の記事
2015年 06月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
あああー。+よくあさ。
d0015006_4233975.gif
マゾなのか、郵政選挙で全国がうかされてた<勝ち馬に乗りたい幻想>が東京ではいまだに生きてんのか、理解不能だ。沈痛。でも立候補してくれた浅野さんに深く感謝。
きのう唯一心をいやしてくれたツクシンボくん、きみにも感謝だ。ぐっすん。


一夜あけて統一地方選の全体がみえたら、やっぱり東京はちょと特殊だったみたいだ。
***************
全国的には、
自民党が1309から1212議席に後退。
民主党が205から375に躍進
公明党が178から181に微増
共産党が107から100に後退
社民党が73から52に後退。
国民新党が1議席を始めて獲得。
諸派が前回46から今回40
無所属が687から583に減少。
(中略)
 県議選の結果に見られるように、地方では、自民党には逆風が吹いているのです。東京だけは、小泉政治による恩恵を受けていること、またそう高い所得でない人でも、小泉さんの地方いじめに溜飲を下げている点があることなど、特殊なのです。その東京でも、石原さんは票を減らしたのです。2003年レベルの自民党と公明党の票は固めた、それだけのことです。2005年ころほどの勢いはないのです。
********************************[LINK]

ますますもって、東京は傲慢で人品おとるイバリんぼの集まりみたいで、やんなる話ではあるけれど、このまま従軍慰安婦問題や日本軍による沖縄民間人集団自決追い込みを、「証拠がないから歴史的事実とは言えない」などとと平気で言って教科書から抹消させる、知的に恥知らずかつ死者や被害者を二度殺すような現政権[LINK]をして「人柄を評価して」信任しちゃうような「良識」(うげ)が参院選を席巻するのかと思ってどーっと暗くなった気持ちをすこしは救ってくれたのでありました。トホホ。
選挙に勝ったらホワイトカラー・エグゼンプションだってとおされちゃう。「時給」という考え方は、産業革命後の新奴隷階級だった賃金労働者が勝ち得た唯一の「客観的基準」だということを忘れちゃイケナイ。時給という考え方を無効にしようとするホワイトカラー・エグゼンプションがまかりとおったら、労働者は「無能」「ナマケモノ」「自己責任」とののしられながらただ働きさせられてしまう。ここ最近のヤツラのほんとうにいやらしいところは、誇りを踏みにじりつつ搾取しようとするところ。これはほんとうに19世紀までの封建領主&産業資本家のやりくちで、それが21世紀になって復活しつつあることにはひどく失望させられる。たとえサービス残業が横行するにしても、それが違法か違法でないかでは大きなちがいがあるよ。じぶんは「朝だけ押すタイムカードってできないかな」ってシャチョーがのたまうような会社に勤めて、いちども残業手当なんかもらったことなかったけど、「それは違法だ!」という怒りの正当性はじぶんのロードーシャとしての誇りをささえるものだった。(まっ、リーマンとしてのオイラの15年はけっきょくムナシイものだったけどね・笑。…編集者としては過分な仕事をさせていただいたので、しごく幸福な15年だったけど!)。
全体主義の否定にしても労働者の人権にしても、20世紀の歴史が勝ち得たものを無効にしてほしくない。ほんとにそう思う。
by calico5 | 2007-04-09 04:39 | いろいろ
<< にえサボ&にえ水槽。 部室でおべんと。 >>