月兎社のモト
by calico5
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
メモ帳
カテゴリ
以前の記事
2015年 06月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
一曲買い。
d0015006_161769.jpg
iTunes storeでの1曲買い(だいたい¥150)、いいです[LINK]。とくに映画のなかで使われていた曲など「ぽちっとな」してしまって後悔ナシ!
最近購入はリュック・ベッソン監督の「サブウェイ」[amazon]、真夜中の地下鉄構内でクリストフ・ランベールとイザベル・アジャーニが、カセット・デッキから流れる音楽を聴きながらダンスをするシーンの曲、リッキー・リー・ジョーンズの「ラッキー・ガイ」。この曲の入ってるアルバム「パイレーツ」[amazon]、持ってるのにどこにしまったかわからなくなってるので、とりあえず1曲買ってしまった。
「サブウェイ」は「フォロー・ミー」の次くらいに好きな映画です。このポップなアナーキーさ、スピード感、何ともいえないリリシズムとふっきれたばかばかしさ、ベッソンの最高傑作だと思う。(「サブウェイ」の後しばらくはちょとおセンチさに違和感あって個人的には「どおしちゃったんだよお」状態でしたが「フィフス・エレメント」のはじけかたで期待値復活)。きれいなのか醜いのかいまいちよくわかんないけどすばらしく魅力的なランベールとこちらは最高に美しいアジャーニ、脇役も全員良すぎる!だまされたと思って観てくだされ!

もう1曲はうってかわってベタで古風な人情コメディ「彼女を信じないでください」[amazon]から、ブレッドの「オーブリー/Aubrey」[amazon]。女詐欺師キム・ハヌルと田舎の薬局の跡取り息子カン・ドンウォンのどこまでも平凡で、でもほんとにしみじみしちゃうシーンでつかわれます。いかにも70年代の歌だけど、この曲を聴くとなんか気持ちが落ちついちゃう今日この頃(笑)。映画じたいもほんとベタなんだけど、素朴に可笑しくてあたたかくてよい映画でした。
by calico5 | 2008-05-10 17:24 | 本・映画・展覧会
<< リアンダー。 燈台とクラゲ。 >>