月兎社のモト
by calico5
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
メモ帳
カテゴリ
以前の記事
2015年 06月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:ぶらぶら( 229 )
秋の日の、さかさメタセコイアの、
d0015006_12475793.jpg
先週は月曜朝6時に家を出てから息つく間もない1週間でしたが、きのう、神代植物園でぼおっっとしてきました。タイル旅の夜に連れて行っていただいた曽木温泉の「逆さもみじ」(ほんとうにすばらしー!お近くの方はぜひ!)ほどの神秘性はないにせよ、ここも池があさいのでかなりの逆さ深度。

d0015006_12543834.jpg
吉祥寺でそうぐう、「小さい宇宙人のアタマのネジを巻くひと」、ガクブル!(ウソ)

d0015006_1256671.jpg
十二支がいこつガチャポン…なにがなんだか…でもちょっとホシイかも(笑)。
by calico5 | 2013-11-24 12:58 | ぶらぶら
きんいろの棚田、トマソン木造校舎。
d0015006_17451898.jpg
秋の北信州・木島平村を自転車でぐるぐるしました。
d0015006_17461871.jpg
田んぼは金色。
d0015006_17483913.jpg
家々を、お祭りの提灯がつないでます。
d0015006_1749172.jpg
公民館の前。
d0015006_17495147.jpg
ここがお社。
d0015006_1750666.jpg
このあたりは豪雪地帯で税が免減されていたけれど、盆地で夏はけっこう暑く、豊かな米所になったそうです。薪塀のみごとな旧家すごい。
d0015006_17523958.jpg
うわ、いきなりグライダー?! プロペラのところ、すごいていねいにカバーが作られていてる!大事にしてるんだなー。

d0015006_1753845.jpg
鳩の寒暖計。

d0015006_17535039.jpg
荷物。

d0015006_17542731.jpg
塩小売り所。
d0015006_17551573.jpg
千曲川わたって戸狩。外様小学校跡。とても気持がいい場所。
d0015006_17555846.jpg
夕暮れのトマソン校舎。
d0015006_17562630.jpg
校歌は「シャボン玉」や「七つの子」の野口雨情作詞だった由。
d0015006_1759159.jpg
社のある山に向かって、田んぼのあちこちに収穫を感謝する幟が立てられていました。
d0015006_17595079.jpg
マンホールは岐阜蝶と雪の結晶、一本竿でスキーをする子どもたち。
d0015006_1812333.jpg
おまけ。おやゆびほどのちびガエル。
by calico5 | 2013-09-23 18:01 | ぶらぶら
人魚ペコちゃん。
d0015006_14411715.jpg
マーメイド~♪
by calico5 | 2013-08-03 14:41 | ぶらぶら
宮前一丁目の瞳。
d0015006_20472077.jpg
夕涼みがてら散歩に出たら、

d0015006_20474316.jpg
目があっちゃいました。

d0015006_20481574.jpg
鼻のヒト。…何十年も住んでたけど初遭遇。

d0015006_2049155.jpg
困っててカワイイ。

d0015006_20491783.jpg
富士見ヶ丘駅ちかくの橋。兎と月見団子?…ペトっとしてます(笑)。井の頭線の車輌場裏の川沿いの夕闇の緑地で、ひぐらしが啼いてました。杉並でひぐらしが聴けるんだ~とびっくり。しかもひぐらし、早すぎない??
by calico5 | 2013-08-02 20:59 | ぶらぶら
人魚旗、潜水士旗…羽田の祭り。
d0015006_162012100.jpg
以前歩いておもしろかった羽田[LINK]で、羽田神社の夏祭りがあるというので行ってみました。もとはといえば漁師町だから、大漁旗がなびいてます。
d0015006_1624501.jpg
境内よりも、
d0015006_16251038.jpg
10町が競い合う御神輿がメイン。左右でぎったんばったんシーソーのようにゆらしまくる豪快な御神輿で、首の付け根がふたこぶ駱駝みたいになってるアニさん多数。
d0015006_1627373.jpg
天空橋の大漁旗も町ごとにちがう絵柄で、人魚旗、
d0015006_16281714.jpg
潜水旗。
(あまちゃん?南部もぐり?…笑)

d0015006_1629048.jpg
あれ?
by calico5 | 2013-08-01 16:31 | ぶらぶら
川崎河港、豊穣の門とダンス力学を説く河川技術者・金森誠之。
d0015006_12312957.jpg
川崎駅をおりて多摩川べりをぽくぽく。
d0015006_12391569.jpg
ちょっとクラシックな工場が見えてきます。しかしてその手前に面妖な建造物が…。
d0015006_12402022.jpg
水門だ!…上に載っかっているのは、キノコ?カリフラワー?ひつじ?
d0015006_12411399.jpg
花籠?!
d0015006_12425134.jpg
大正時代に建造された水門で、載っかっているのは「当時の川崎の名産品、ブドウ・梨・桃をあしらったもの」だそうです。川崎の豊穣発展を言祝ぎ祈る豊穣の門だったんだね。
d0015006_1347728.jpg
でも、いちばんめだつのは、バラの花のように見えるなあ。…帰って検索したところ、この水門を設計した内務省技師、金森誠之(かなもり しげゆき、1892年 - 1959年)はかなりの大正モダン・ボーイで、ダンスと映画を愛する趣味人だったそうです。

金森誠之[wiki]
中井 祐「金森誠之の創造と表現」[LINK]
追悼文[LINK]
d0015006_1348079.jpg
金森誠之は内務技師として多摩川改修事務長を務めた、仙台、下関で要職についた由。中井氏によれば、『力学的に見た社交ダンス入門』の出版し大森の自ら設計した鉄筋煉瓦積みの自邸にはダンスホールがあるそうです。また、「金森の名を有名にしたのが、同じく多摩川時代に創作された四編に及ぶ小説とその映画化である。脚本は全て金森の自作、監督まで自ら務めた作品もある。舞台は常に土木工事の現場で、主人公の若い土木技師と地元の人たちとのふれあいを交えながら、主人公が真摯に工事に取り組む姿が描かれる。」とか。うーん、興味深い。
d0015006_13494252.jpg
さて、このへん一帯は味の素の工場です。水門も味の素の資金提供によって完成。このぶっとい配管には何が通ってるんだろー??
d0015006_143328.jpg
飴切り包丁の音のひびく川崎大師さんにおまいりしたあとさらに工場地帯に向け歩くと、
d0015006_14103772.jpg
とつぜんの万国旗。
d0015006_14141684.jpg
昭和通り商店街の「昭和マーケット」!
d0015006_14152257.jpg
終点は工場に囲まれた湾です。
d0015006_14161968.jpg
工場社宅思い出すなあ。不夜城のように夜も灯るプラントの灯りを母は喜んでた。時短になると24時間操業できなくなっちゃうんだよね。
d0015006_1422728.jpg

d0015006_14222061.jpg

d0015006_14274014.jpg
ふしぎタンク。
by calico5 | 2013-05-06 13:21 | ぶらぶら
鳴門のうず。ポカリ倉庫と北泊。
d0015006_11531164.jpg
淡路島・福良の入江の夜明け。刻々と変わっていく色彩にずーっと見とれていました。そのうち、ぜーんぜんそんな気なかったのに、なぜかむるむると「鳴門の渦巻きがみたーい!」という気持が胸にウズマキ…。
d0015006_11533736.jpg
潮目もそこそこいけそう。
d0015006_11535155.jpg
観光船に飛び乗っちゃいました。きもちいい!
d0015006_11541422.jpg
やぁ、ユリカモメくん。
d0015006_11542999.jpg
人なつっこくてカワイイ。(このあと港町でカモメをまじかに見たのですが、すっごいオッサンぶり。それに比べてユリカモメの可憐さよー)。
d0015006_11544362.jpg
鳴門の渦、想像してたのとぜんぜんちがいました。二カ所ぐらいきまった渦巻きドコがあって、時間がきたらそこがゴォォとなるのかと思ってたんだけど、そうではなくて、潮の流れによって、いまは此処、と思ったらこんどは彼方というふうに、眺めているうちにくるくると渦巻いて、そしてすうぅっと消えてしまう、不思議な、軽やかな、儚いものなんでした。とおっても面白い。いつまでも見ていたいようなものでした。
d0015006_115748.jpg
ユリカモメがお出迎え。羽根の動きがよく見えてワクワク。
d0015006_11574391.jpg
渦巻きパイ。
d0015006_11582449.jpg
タマネギも!
d0015006_11585075.jpg
飛行機に乗るため四国に戻ります。徳島へいくつもりだったけど、このポカリ倉庫が気になっっちゃって。鳴門をぶらぶらすることにしました。
d0015006_1201447.jpg
倉庫前で高速バス下車。デカイ!カコイー!ハコだ!
d0015006_12137.jpg

d0015006_1211595.jpg
オロナインとオロナミンって兄弟だったのか。「オロ」ってなに?…(→大塚製薬は鳴門で創業された会社でありました[LINK])。
d0015006_1232011.jpg
鳴門駅。
d0015006_1233425.jpg
路線バスの案内板を見て、突端の北泊行きに乗ることにしました。
d0015006_1285646.jpg
かわいいバス。
d0015006_121036.jpg
北泊は赤い橋と漁船の港町でした。
d0015006_1211460.jpg
ろじろじ。
d0015006_12112555.jpg
屋根のカーブが力づよい。
d0015006_12115170.jpg
チューリップ!
d0015006_12125186.jpg
飛び出してるのは君だよ。
d0015006_12132986.jpg
港の水面にも、ちっちゃな渦がクルクルと巻いていました。海峡で見たのとおなじように、あ、きたかな?と見守っていると、すぅー、くるくるっと巻いてきえていきます。じぶんがここの子どもだったら、まいにち、いつまでも、これを眺めてすごしちゃうだろうだろうなー、と思いました。
d0015006_12163115.jpg
ちっちゃいクルクル。
d0015006_1217062.jpg
小雨がふってきたのでバスで鳴門駅前にもどり、商店街をぶらついてから、飛行機に乗りました。高知から淡路島、鳴門の旅、これでオシマイです。あ~、楽しかった!
by calico5 | 2013-04-19 12:04 | ぶらぶら
淡路島。創成期国産マジョリカタイルとナゾの豆鳥居。
d0015006_139034.jpg
にしおゆきさんアトリエでの撮影を終え、楽しい、ひろめ市場[LINK]で打ち上げ、高知に転勤してた学生時代の友人とも再会できた翌朝5時高知駅、淡路島に渡るため、徳島に向かいます。…この旅程をきいたすべての四国の方から「うーん、ふつー淡路島は神戸から行く」と言われて、ひえー地理わかってなかった!とひるみつつ、列車で四国の風景見るからいいんだも~んとおのれを正当化していましたが、
d0015006_13142462.jpg
…暗いの!…ぜんぜん夜が明けません。あー、西だから日の出が遅いんだぬかったりー、と思ったころあいに駅名「大歩危(オオボケ)」がアナウンスされ…ぎゃふん。
d0015006_13154895.jpg
乗り継ぎ40分待ちの阿波池田。近辺を散策しようと思ってたけど暗くて駅舎からでられません。
d0015006_13165835.jpg
こおいう名所があるらしい…が、暗闇に漂う濃い緑の匂いをくんくんかぐのみ…。
d0015006_13174328.jpg
板とふたりきり…さぶい…缶コーヒーとおざぶの紅色で暖をとる。
d0015006_13183297.jpg
ようやっと夜明け。山あいの町の角張ったシャチホコを頂いた重厚な屋根瓦の家々。いつか見て歩けるかなあ。
d0015006_13194671.jpg
徳島駅からは青空!鳴門海峡を渡る高速バスに飛び乗り、
d0015006_13203398.jpg
淡路島のまんなかの洲本ICで路線バスに乗り継ぎ。ほんじつ2度目の40分待ち。あったかい。のんきのんき。
d0015006_13214451.jpg
そしてここが目的地!徳島寄りの港、福良にある株式会社ダントー(淡陶)さんの研究所です[LINK]。ダントーさんは、江戸文政年間に名高かった珉平焼の流れをくむ歴史ある会社で、明治以降、建設のはじまった洋風建築の室内を飾る国産タイルの草分けとなった会社のひとつです。国産タイルの歴史についてのすぐれた本も出版しておられ、その製品や文化史的資料を見せていただきたくて、やってきたのでありました。
d0015006_1426453.jpg
こちらは明治35年ごろ、大きくて重い!タイルというよりは焼き物という感じですが、惚れ惚れするするような重厚な美しさで、濃い紫が玉虫色の輝きをはなっていました。
d0015006_15304887.jpg
こちらは明治41年、すでにイギリスのレリーフ・タイルの技法がものにされている!レリーフの稜線によって秞薬が厚いところ薄いところが生じ、それが文様の陰影を濃くしています。
d0015006_1534489.jpg
このころの淡陶さんの商標は千鳥。
d0015006_15355685.jpg
翌明治42年、多彩のレリーフタイル。
d0015006_15364790.jpg
そしてこれが!昭和初期に確立され、国内・海外のあちらこちらをいまでも飾るいわゆる「淡陶マジョリカ・タイル」。深い凹凸と、鮮やかな色彩、エキゾチックな図柄で異彩をはなった製品群です。桃、仏手柑、石榴…すごいー。
d0015006_1650553.jpg
こちらが金型。とても重く、とても美しいものでした。
d0015006_15583899.jpg
タイルはもちろん素晴らしかったけれど、この淡陶カタログがまた!殊に初期のものは石版印刷で、ほんとうに美しかった。一頁一頁なめるように撮らせていただいて、コーコツ。…と、かように、鎌田所長さんに説明を伺ったり、所員の方に資料を出して頂いたりしながら、タイルをたくさん撮影させて頂いて、ムチャして来て良かった!のいちにちでした。
d0015006_1632850.jpg
この日は最終日だしせっかくの淡路島なので、リゾートホテルをとってました。ダントーさんの裏の丘、歩いて5分くらいですよー、と言われ、撮影の興奮さめやらぬまま歩き出したのですが、…すごい坂~。キャリーが逆走しそう。
d0015006_1684528.jpg
しかも、丘の上にホテルは見えども入り口見えず。「城」を仰ぎつついっかな辿りつけないKのように、丘を巻いてグルグルのKATO。菜の花きれいだし、ま、いいかと思ったやさき…
d0015006_1611261.jpg
ぎゃー、これナニ?「斬謀」…謀を斬る…?
d0015006_16121867.jpg
「滅悶」…悶々を滅する?!…このようなオドロオドロシイ言葉を書いた高さ20cmぐらいの小さな鳥居が、道沿いに延々とたてられているのでした。コハイ~。…つか、丘の上のホテルを背に道はすでに下り坂、完全に迷ってる~。
d0015006_1615837.jpg
と、ビクつくうち、お家が~。ほ~っ。これまた立派な屋根瓦と生け垣。列車からみた角張ったシャチホコふうとはまるで異なる、優しいヘラ型の鬼瓦がのっています。
d0015006_16173597.jpg
入り江の田んぼと夕暮れの稲藁小屋。
d0015006_1619235.jpg
奥はトラクター小屋になっていました。すごく静かで穏やか…。
d0015006_16211150.jpg
苅藻という海水浴場にでました。(なぜタマネギくん?とおもったけど名産品だそうです)
d0015006_16223282.jpg
すごく空気がきれい。いつからぶり?と思うほど、深く深く深呼吸しました。…帰ってから調べたけど、豆鳥居のナゾはわかんなかった。ただ、あの岬は福良湾の浮かぶ平家滅亡ゆかりスポット、煙島に面するあたりで、関係あるのかなーないのかなー。
d0015006_1639346.jpg
ともあれ迷ったおかげで、苅藻海水浴場から、鳴門大橋にしずむ夕陽をみることができました。はああ、長いいちにちだった!

先日の淡路島震度6弱の地震。印象的だった瓦屋根が崩れてしまった映像に胸がいたみましたが、みなさん耐震対策をしっかりしていて、人的被害はほとんど無しで、ちゃんと備えないといけないんだな-、とあらためて思いました。
by calico5 | 2013-04-17 13:25 | ぶらぶら
ごめん駅でごめん♪
d0015006_1255173.jpg
夜にチラ見するのみでまったく全体像のつかめない高知、そのなかでココロを鷲づかみにされたのが夜闇に街ゆく「ごめん」の文字。
d0015006_1355951.jpg
…以前名古屋で「極楽ゆき」バスをみていらいのコーフン。…しかもこちらは古風でカワイイ路面電車なのですだ(土佐電鉄は、日本のみならず世界の路面電車車両を走らせいておもしろいです)[LINK]。西の終点が「ごめん」、東の終点が「いいの」。このふたつがすれちがうと「ごめんごめん」「いいのいいの」。くー。夢の(?)ツーショット、うまく撮れなかった。こんど高知にいったら土佐港桟橋前から、土佐電鉄をきわめたいと思います。にしおさん発見のこちらのHPの写真がかっこよすぎるっ[LINK]
d0015006_13202495.jpg
こちらはJRごめん駅。…ごめんマンbyやなせたかし大先生。…せんせえ…「ごめん駅でごめんごめん」って…せんせい…。暗くてよく見えなかったけど、ごめんタウンはかなりのタイル町と見た!再訪をチカウ!

d0015006_13234766.jpg
おまけ。高知ひょうげアーケード。
d0015006_1324815.jpg
ひょうげ新聞。
d0015006_13242260.jpg
「ナメクジガがトラのしっぽにくっついているところ」。うーん、どんなひょうげストーリーなのか想像もつきません。でもカワエエ。
by calico5 | 2013-04-11 13:25 | ぶらぶら
花御堂と亀の足。
d0015006_23331171.jpg
日曜日、原美術館でソフィ・カルの展示を観たあと、いちにち早いけどお釈迦様の誕生日「花まつり」仕様になってないかなーと期待して、青物横丁へ足をのばしました。横町の、品川寺、海雲寺(千躰荒神)、鮫洲八幡神社が大好きなのだ。品川寺さんでは本堂で、住職さんとお孫さん?が楽しそうに花御堂の飾り付けちゅう、お隣の海雲寺さんでは、飾りをすませて爽やかにあまい甘茶も。
d0015006_23435978.jpg
天上天下ゆいがどくそ~ん。そういえば去年はティク・ナット・ハン師の「ブッタ」[LINK]を読んだのだった。おもしろかった。
d0015006_2348387.jpg
鮫洲八幡の奥の水神さまは、もう藤の新緑もひろがっていて、のんきな亀猫パラダイス。
d0015006_23453385.jpg
このように足をぶら~んとさせてリラックスしまくってましたが、この杭からどうやって降りるのだろう…ヒトゴトながらちょっと心配だったけど、まあなんとかなるんでしょう。
by calico5 | 2013-04-08 23:55 | ぶらぶら