月兎社のモト
by calico5
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
メモ帳
カテゴリ
以前の記事
2015年 06月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:ぶらぶら( 229 )
高知、淡路島たびたびちゅう。
月曜日からきのうまで、陶人形作家にしおゆきさんの作品集準備のため高知にいました。いまは淡路島です。タイルです。旅写真はツイピックにて!http://twitpic.com/photos/katoikumi
by calico5 | 2013-01-31 10:49 | ぶらぶら
雪国タイル。
d0015006_19243856.jpg
すっかりご挨拶がおくれちゃいました。
あけましておめでとうございます。ことしもよろしくお願いいたします。

元旦はよく晴れて散歩ができました。
d0015006_19315445.jpg
おっとこれは12月に撮影したばかりの暈かし水彩?タイル。
d0015006_19312015.jpg
…このへんも笠原タイル圏内だったんだなあ。名古屋と北信は縁が深いので、不思議はないことですが。
d0015006_19325819.jpg
この組タイルも笠原の!…雪のなかで、50年も前のタイルが可憐に清々しくオシゴトしてました。
by calico5 | 2013-01-09 19:42 | ぶらぶら
キューポラのある街。その3。
d0015006_10291361.jpg
消しちゃったと思っていた川口市旧田中邸のアールデコ照明具の写真データが出てきました。
d0015006_10302865.jpg
さかさミルククラウン?
d0015006_10311042.jpg
ゴージャスなんだけれど、どこか可愛らしいのが好ましいです。
d0015006_10315945.jpg
天井の漆喰細工も上品だなあ。
d0015006_10453285.jpg
テラスのタイル。
d0015006_1055679.jpg
1930年(昭和5年)竣工の同潤会・大塚女子アパート、エントランスのタイルと同型に見えます。
d0015006_1044228.jpg
ブレブレですが、当時の再現図。周囲に広がる江戸時代そのままの風景と田中邸のギャップ。「建築費用の総額は18万円といわれています。これは現在の金額にするとおよそ2億5千万円程となり、この建物がいかに破格であったかを窺い知ることができます。」[LINK]。…しかしこのお屋敷には、まったく浮ついた感じがなかったでした。この土地に、これだけの品格をもった邸を建てた田中家の人々に、かなり興味感じます。

d0015006_1113692.jpg
ちょっと陽がかけってきて寒くなった工場街を西川口へ。
d0015006_11141473.jpg
「止マレ!」がデカイ!
by calico5 | 2012-12-26 11:15 | ぶらぶら
キューポラのある街。その2。
d0015006_10191038.jpg
最盛期の川口の有力者たちの建築道楽のさまを見学できるのが旧鋳物問屋鍋平邸と旧田中邸。こちらは川口駅に近い金山町の旧鋳物問屋鍋平邸(現・川口市母子福祉センター)です。庭も建物内部も見学可。鋳物問屋・鍋屋は江戸時代末の創業で、この邸宅は4代目島崎平五郎が明治末から終戦後まで増築を繰り返して建てられたものだそうです。純和式、折衷式、西洋式とがコラージュされて、建築道楽全開。写真のメダイヨンと華やかなステンドグラスがぎゅぎゅっと詰まっている箇所ははなんとトイレでした。
d0015006_1172593.jpg
面白いのは右の離れで、昭和11年から3年かけて接待用に造られた由。銘木を使用した柱や寄木細工の障子の桟、見事な細工の欄間、豆タイルとステンドグラスで過剰に装飾されたトイレ…。
d0015006_11113096.jpg
ちょっと奇異なのが、窓ガラスの枠上に張り巡らされた青と白の色ガラスで、ここをスライドして調光することもできるようになっていました。うーん、企業の接待用というには、料亭っぽすぎるんでは?という印象(笑)。目黒雅叙園と雰囲気が似ています。目黒雅叙園の建設が昭和10年、こちらは昭和11年。目黒雅叙園のコンセプトは、庶民、とくに女性や子どもにも大邸宅や高級料亭の贅を尽くした建築のなかで食事を楽しむ娯しみを、というものっだったので、当時流行の贅沢建築ということで雰囲気が似ているのかも。
d0015006_11262222.jpg
日光御成道に向かいます。凝った銅板の商店。
d0015006_11325961.jpg
白ミッキーこはい。
d0015006_11332061.jpg
材木商から麦麹味噌醸造で財をなした田中家の屋敷[LINK]。…これはすごい。4代目徳兵衛(明治4年~昭和22)が築いたもの。4代目徳兵衛は県議会議員から貴族院議員、5代目徳兵衛は第9代川口市長。当時田畑のなかに聳えたこの邸宅の偉容はいかばかりのもだったか。
d0015006_11353956.jpg
材木商もいとなんでいただけあって、和室の木の装飾がひじょうに美しいかったです。
d0015006_11434388.jpg

d0015006_11435084.jpg

d0015006_1144091.jpg
ゴシックスタイルを基本に、照明具にはアールデコを取り入れた洋間も含めて、この田中邸の上品なセンス、ものの良さにはちょっと驚かされました。
d0015006_11461212.jpg

d0015006_11462638.jpg
茶道具をレリーフした灯籠も見事。
d0015006_11465012.jpg
鋳物の街、川口、ここから北上しても面白そうです。
d0015006_1147391.jpg
P.S.ちなみに川口は、煮えサボテンもかなりのものデシタ~。
by calico5 | 2012-12-24 11:25 | ぶらぶら
キューポラのある街。
d0015006_14403077.jpg
天気の良い日に、かつて鋳物で栄えた「キューポラのある街」、川口を再訪しました。川口神社の前、タイルを使ったおせんべ屋さん、物干し台がシャープな鋳物で出来ています。
d0015006_15393527.jpg
神社境内。思いっきり鋳物ってます。とはいえ、鋳物産業の時代はとうにおわり、工場跡地にはマンションが林立し、川口市はいまや埼玉県人口第2位のベッドタウン。
d0015006_1583097.jpg
それでも本町や金山町にゆくと工場も残っており、また鋳物お大尽お歴々の栄華の跡にのこっていました。
d0015006_1595274.jpg
川口市の鋳物産業に西洋工法を導入し、川口町議会議員・川口鋳物同業組合長・川口町長なども歴任した永瀬庄吉翁の邸宅。
d0015006_15352625.jpg
ステンドグラスがみごとです。
d0015006_15102087.jpg
庭に発電所!明治44年に王子電気軌道会社により川口に電力が供給されるより10年も前の明治33年に、「 庄吉は自家内に火力発電所を設置し、県内で初めて界隈に電灯を灯した」そうです[LINK]。永瀬翁やることはんぱない。
d0015006_15444634.jpg
邸宅も立派ですが、煉瓦積みが見事。
d0015006_1545786.jpg
凝ってます。なおかつ重厚。工業の街の美意識と財力?
d0015006_15305867.jpg
これがえんえんえんえんと続きます。そしてこの塀に沿って、区画の曖昧な、密集地域が。永瀬邸のまわりに、親族や社員がすまっていたんでしょうか? そしてその一帯に電気が?
d0015006_15545822.jpg
芝崎新六商店。
d0015006_15594414.jpg
工場。
d0015006_16057.jpg
横須賀安浦町にもあった鋳物ふうの電信柱。
d0015006_1605936.jpg
この街はタイルも重工業っぽい迫力。
d0015006_1613234.jpg
個人宅!
d0015006_1621884.jpg
川口文化財センター[LINK]にゆくと、鋳物物件多数展示。
d0015006_1663475.jpg
ストーブ、カコイイ!
d0015006_1610329.jpg
ベーゴマも。
d0015006_16113251.jpg
川口キャラはきゅぽらん。くぽらんツイッターの語尾はきゅぽだきゅぽw。
d0015006_16142681.jpg
交番の壁画にも工場。
d0015006_161459100.jpg
川口後編に続きます。
by calico5 | 2012-12-22 15:32 | ぶらぶら
黄金の町とハーモニカ。
d0015006_23451676.jpg
横浜黄金町。かつては魔窟と言われた町だそうですが、今となってはよすがは微か。今回はちょっと裏道をたどって中華街までぶらぶら。
d0015006_023525.jpg
伊勢佐木町の入り口。陶器やさんの昭和豆タイル。ここから裏道にそれて、
d0015006_024540.jpg
おっとー。川に沿って弧を描く不思議な連なり。
d0015006_2352055.jpg
ハモニカのティースのように無数のスナックが。都橋商店街というのだそうです。HPはこちら[LINK]
d0015006_23571826.jpg
カコイイ!
d0015006_23574598.jpg
ちょっと先の「吉田町名店街」。この、ビルをして「街」って言う感覚って、東京にはないなあ。ちょと新鮮。
d0015006_23591839.jpg
吉田町名店街の裏道。なかなか凄い。
d0015006_00014.jpg
クーロンズゲートのエビ煎餅屋か!というイキオイ。
d0015006_050462.jpg

d0015006_0433179.jpg
タイル付きトマソン、キタコレ!
d0015006_013485.jpg
でも、タイルよりこのナゾの埋め込みがたいへん気にナル。
d0015006_02306.jpg
コーヒー浴のお姐さんもどうも気にナル。
d0015006_034280.jpg
メイン・ストリートに戻ってきました。
d0015006_019716.jpg
中華街に着きました~。桃まんかわいい(が、食べたのはもちろん江戸清のぶたまん!)
d0015006_020118.jpg
これはちょっとこわいなり。

横浜はあまり内陸部に入ったことがなかったので、おもしろかったー。ふたむかし前の全盛期ならあまり暢気にぶらつけなかったかも。…子供の頃は、新宿の歌舞伎町だってそうとうビクビクしながら映画見に行ったもんなー。そんなことを思い出したりした快晴のいちにちでした。
by calico5 | 2012-12-04 00:22 | ぶらぶら
タイルもとめてガイシに出会う。
d0015006_1061585.jpg
横須賀から一駅歩いて隣町。
d0015006_1065789.jpg
カフェー様式遺構はもう数えるほどでしたが、
d0015006_1075576.jpg
レリーフして鋳物のように銀色で塗装した電柱に碍子ガイシが現存してました。こういうふうに付いてたのかー。(それにつけても左のガイシがまっぷたつなのはなにゆえか??)
d0015006_10254683.jpg

by calico5 | 2012-11-27 10:28 | ぶらぶら
横須賀 巨大看板建築?
d0015006_21351215.jpg
横須賀にいきました。家電屋さんの古風な看板建築…これは何をあらわしてるんだろう??
d0015006_21353759.jpg
西ピアノのタイル・ビーハイヴ。
d0015006_21492327.jpg
スナック街のタイル。
d0015006_2136229.jpg
時計屋さん。
d0015006_21365339.jpg
斜面に沿って長~い大きなショッピング・ビル。
d0015006_21425239.jpg
たくさんのテナントがはいっていて賑わってるあいだに「参道入り口」があって、うわ、なになに、と寄って行ってみると、
d0015006_22243340.jpg
ビルの裏にそびえる急勾配に、お稲荷さんへの階段が延々と!
d0015006_21435161.jpg
これはキビシー、と言いながら上って振り返ってたまげました。
d0015006_2294171.jpg
新らしめの大きなビルと思ってたこの建物は、じつはいくつもの古いビルの連なりで、大通りに面したとこだけひとつのビルのようにコーティングされてるんでした。いわば現代版の巨大看板建築…。三笠ビル商店街HP[LINK]をみると「アーケード街」と表記されてます。なるほど。…でもこんなのはじめて見た!
d0015006_21545453.jpg
ふたたび繁華街へ。…けっきょくなんだかワカラズの塔。
d0015006_2157481.jpg
「金星劇場」。もとはキャバレーだったという映画館。ファサードの円柱は紅色のタイル。この8月に廃業との貼り紙がありました。
by calico5 | 2012-11-26 22:12 | ぶらぶら
こけし灯籠、月星紋。
d0015006_22432471.jpg
先々週、巣鴨にいったときに遭遇のこけし灯籠。黒石市、森勇一さんの作。こういうお祭りがあるのかー[LINK]。大きなこけし灯籠に灯がともる雪の町、さぶくて暖かい~。
d0015006_2250271.jpg
染井には坂本龍馬のお師匠さん、千葉周作のお墓がありました。月星紋、カコイイ。
by calico5 | 2012-11-24 22:59 | ぶらぶら
岡山もももも、と可憐でイケズな投扇興。
d0015006_0135959.jpg
岡山駅の郵便ポストには桃たろさんがのっかってました。やっぱり岡山といえば桃?
d0015006_015574.jpg
マンホールも桃。
d0015006_015293.jpg
排水溝も桃。
d0015006_015558.jpg
お城の瓦にも桃。
d0015006_0164591.jpg
ここまで来たら、お堀にも桃?とも思いますが、そこは白鳥。
d0015006_0181642.jpg
後楽園廷内のお座敷で、「投扇興」という雅な遊びの会が催されていました。
d0015006_0195631.jpg
こんな感じ。
d0015006_024244.jpg
「蝶」と呼ばれる縮緬でこしらえた愛らしい的にむかって扇を飛ばして当てます。ちっちゃな鈴も揺れている。くわしくはこちら[LINK]
d0015006_0263534.jpg
…と、しつらえは可憐なんですが、審判役が当たり方や倒れ方を、細かい決まり事にもとづいてツケツケ採点するので、わーりとイケズな遊びという感じでごんした(笑)。ま、美しい舞妓さんたちにいぢめられながら、きゃっきゃうふふだとそれもまた愉し、なんでしょうなあ(遠い目)。
d0015006_0302032.jpg
岡山城前のポスト。お城とツル。観光地ではさいきんこういう載せ物ポストがデフォなんだろか?
by calico5 | 2012-11-19 00:32 | ぶらぶら