月兎社のモト
by calico5
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メモ帳
カテゴリ
以前の記事
2015年 06月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2005年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧
目黒雅叙園 保存建築一般公開。
d0015006_10353039.gif
この淫靡な窓はナンジャ?というとキッチュ・バロックの殿堂として名高い目黒雅叙園のトイレのマド。散歩の途中でちょっと遊びにのぞいて拝借。通常openの部分だけでもじゅうぶん面白かったけど、5月15日までいまは使っていない保存建築部分も見学できるって[LINK]。今年こそぜったい行く!

かように遊郭テイストあふれる雅叙園[LINK]…こんな館で式をあげると遊女100人の情念お持ち帰りみたいでコワイが、よけいなお世話?
by calico5 | 2005-04-30 10:43 | ぶらぶら
「本の街 神保町古書店案内」。
d0015006_1543138.gif
先週末オープンのAmulet[LINK]さんのおかげでさいきんご縁の神保町、ちかじかドバトノフ記者とお茶の水散歩MAP作成にいこうとしている矢先にこのムック発見[amazon]。足の踏み場もなかったあの店この店が代替わりしたり分家したりでおニュウになってたのでちょっとおどろいて買ってしまった。これを片手にいざゆかん。
by calico5 | 2005-04-27 15:52 | 本・映画・展覧会
頭上の薔薇。
d0015006_8374880.gif
高輪の不思議な路地にあったおうちの玄関。蘭と鳥と薔薇。なにごと!
by calico5 | 2005-04-24 08:41 | ぶらぶら
時もち ぶらり歩き。
d0015006_1833675.gif
大手町のオフィス。ケミカルなのかなあ。パンツ・スーツにパンプス、白衣の女性研究員がキュート。クレバーそうじゃのう。(と思ったら研究職専門の人材派遣会社であった[LINK]。そういうのもあるんだなあ。)天王洲の車止めは燈台。なんかかわいい。てなわけで3月からはじめた週末ごとの山手線一周ぶらぶら散歩は先週をもって完遂。一周したぜえ!あんまりなじみのない浜松町-品川間がおもしろかった。高輪のくねくね坂道とかさ!

なんだけどさっき新聞読んでたら政府の「国民生活をどおする」とゆう経済財政関係の諮問委員会のキャッチフレーズに出たのが「金持ちから時持ちへ」だっていうのを読んで「それはワシのことか!」とむかぷんぷん。(正確には金持ちだったこともないがな。ふぉっふぉっふぉ)。時持ちはよいがな、経済諮問委員会には言われたくないぞ。
by calico5 | 2005-04-23 19:35 | ぶらぶら
デンマークのクリスマス・シール。
d0015006_18224999.gif
切手みたいだけど額面のないのがデンマークのクリスマス・シール・シート。クリスマスの便りに貼り添えるのにぴったりの美しいシールを発行してその収益金で子どもたちの結核療養所をつくったらどうだろう、という郵便局員アイナール・ホルベルさんの思いつきを発端にはじまった募金活動だそうです。シールによる募金活動は赤十字にもとりこまれて「複十字シール運動」になったとのこと。てなわけだが50年代のがスバラシー!このようにシックなものあり北欧らしい色合いでとびきりかわいい子ども図柄を描くもの(→分室[UP])あり。でもすごいのは切り離して断片にしたときの一枚一枚の魅力で、よくできているなあと嘆息しきりなんである。
by calico5 | 2005-04-22 19:06 | 切手
鳩山郁子2005新刊「シューメイカー」!
d0015006_15493020.gif
鳩山さんの2005年新刊7月敢行決定!タイトルは「シューメイカー」!
くわしくは本日UPの「鳩小屋つれづれ日誌」[UP]と鳩山さん渾身のひとり二羽役?新刊紹介対談掲載の「アナウンスメントコーナー」[UP]へ!予告カットもあるぜえ!
by calico5 | 2005-04-19 15:55
マーブル玉。
d0015006_19122789.gif
購買部にて。13日22:00~[UP]。びみょうな色あわせ多し!
by calico5 | 2005-04-11 19:14 | ガラクタ
「よいこの文化大革命」&「私の紅衛兵時代」。
d0015006_11112294.gif
切手分室は60年代の可愛い中華人民共和国切手ですが[LINK]、これは文化大革命時代の「新中国のこどもたち」(1975年)。よいこたちがまなじりけっして反動分子糾弾の壁新聞を書いております。共産圏子ども切手のくもりのない愛らしさをうみだしたのとおなじものが、こうしてプロパガンダ子ども切手をうんでいる。「権力は腐敗する。絶対的な権力は絶対的に腐敗する」のは哀しいこっちゃね。ぐっすん。

しかして当のガキどもにとっては偉大なる国家指導者マオおじさんが「オトナはくさっちょる。コドモたちよワタシとともに悪をやっつけよう!」なんて言いだしちゃったわけだから、その疾走感、アナーキズムはハカリしれない。血湧き肉おどっちゃう「長い長い休暇」を生きていくわけだからワクワクしちゃうよね。そのワクワク児童界に当時の子ども向けの小冊子(連環画)やポスターからせまったのが武田雅哉先生「よいこの文化大革命―紅小兵の世界」[amazon]。じじつ紅衛兵だったチェン・カイコー監督(「始皇帝暗殺」「覇王別妃」)の「私の紅衛兵時代」[amazon]も結びは「苦い悔恨」で終わっているものの文化革命期の少年期をヴィヴィットに描きだしてます。だけど静かに描きぬかれた「ワイルド・スワン」[amazon]を読んだときには、やっぱり慄然とするほかない。あからさまであることに歯止めをうしなった権力というものはほんにおそろしいものじゃ。そのオコボレを得て小権力をふるいたがるヒトビトの心とトモニ(いや、それこそが)。新刊の「紅色新聞兵―ある中国人写真家の文化大革命をめぐる彷徨」[amazon]も見たいものです。
by calico5 | 2005-04-08 11:01 | 本・映画・展覧会
シュタイフのボーリングピン!
d0015006_11515326.gif
イギリスBBCの超長寿番組「西洋アンティーク鑑定会」をみていたら、シュタイフ社の生みの親マルガレーテ・シュタイフ自身が制作して売っていたボーリングのピンのセットをもってきたおばあさんが登場して釘付け。もちろんピンは動物のぬいぐるみなのだ!ゾウやクマやウサギなどが立ちあがった姿。下はおきあがりこぼしのようになっていてユラユラゆれてる。それに鞠をあてて遊んだんだって。どの動物でセットを組むかも注文できたそうな。すばらしいー。

このオールド・シュタイフの本を見ていても仔グマちゃんのマフとかあってたおれそうになった(ちっちゃい足もついておる!)。5歳くらいの子どもが雪の日にこれであたたかくしてもらってにこにこしてる図とか想像してしまうぞ。この本も最初の200頁がクマ公でのこりの90頁がいろいろなドオブツ。ベア以外のほうが見たいんだけどシュタイフ本はみんなこの構成のよう。とはいえクマ公もむかしのはごらんのとおりクチがとんがらがったりしててヘンなヤツがいっぱい。さりげなーいポージング、古くさいのんきな色調の写真など、見飽きずラヴリーな1冊です。持ってるのは1984年版だけど2000年版がamazonにでてました[amazon]。表紙はおなじだけどなかみはどうかな。「ヴァリューズ・アップデイテッド」のオビがついているので値段だけなおしたものかもしれないね。
by calico5 | 2005-04-07 12:09 | 本・映画・展覧会
「fantails」。
d0015006_11483645.gif更新しました[UP]
by calico5 | 2005-04-07 11:50 | 切手