月兎社のモト
by calico5
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メモ帳
カテゴリ
以前の記事
2015年 06月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2005年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧
ベトナム切手とパパイヤの香り。
d0015006_1250147.gif
しかしてフランス製のフランス領ラオス切手の美とはなんだろうか。ラオス切手を担当したフランス人切手彫版師の幻想のオリエントなんだろか。そこいくと同じく仏領インドシナに組み込まれたベトナム切手はだいぶ雰囲気ちがいます。(こっちは独立後だからちがってて当たり前だが!)。惹かれるのは女性がモチーフの切手。植物の切手。ベトナム戦争中の報道写真の中ではっとするほど美しかった農婦や女性兵士たちを思い出す。

てなわけで幼くしてベトナムをはなれたベトナム系フランス人のトラン・アン・ユン監督の「青いパパイヤの香り」[LINK]もまたパリ郊外のオール・セット・ロケの幻想のベトナムとも言えるんだろうけど、蚊帳で眠る夏の宵や磨かれた床を歩く足の裏、ホーローの器の水を掬う手の感覚やうっすら汗ばんだ子どものうなじの愛らしさ、つつましく示される静かな愛情…と、感覚的な気持ちよさ、ひとのあたたかさってこういうもんだよなあっていうささやかなものが淡々と積み重ねられて、ほんものになってる不思議な映画です。きょう見直してて主人公の少女ムイといっしょに働く親切なおばあさんが「昔は目が覚めるとまぶたに女の顔が残っていた。夢のなごりだろう。その女が母親なのか自分なのか―よくわからない」と言っているのに気づいた。顔を洗ったり野菜を洗ったり、水に手にふれるたび、近くにいるカエルや虫にちゃっちゃっと水をかけてやるムイ、可愛い。
by calico5 | 2005-08-31 13:36 | 本・映画・展覧会
飛天と宇宙船/ラオス切手。
d0015006_8342951.gif
「切手蒐集室の午後。」のハンガリー切手蒐集切手と同じ展示方式とMさんにすすめられていた逓信博物館[LINK]。引き出し板が木製じゃなくてスチールだったのがチトさびしかったけど切手カタログでもカラー化のすすんでいないアジア各国の60年代切手を大量に見ることができて大じゅうじつ。でも大手町どまんなか高度経済成長期の重厚コンクリート建てのこの逓信博物館、来館者がほとんどいなくて薄暗くって「いまこのデカイ建物にいるのは館員以外だと2人くらいかも?」とおもうとこわくてうしろ振り向けない(笑)。ひとりで行くなら音楽持参をおすすめするぜ!

いちばん興奮したのはラオスの切手。ラオスは1893年から仏領インドシナ連邦(いまのベトナム、ラオス、カンボジア)に編入されていたので[LINK]その切手もフランスで製作された緻密で色彩ゆたかな凹版切手なんである。53年に独立したけれどもフランス製の切手発行は1975年の社会主義政権樹立まで続いた由。仏教や伝統音楽・演劇・農作業などをモチーフにして、すばらしく美しいです。こんな切手があったとは!

飛天が舞う「ユネスコ」や「切手博覧会、ビエンチャン'62」[切手分室]も好きだけどこの1973年の「宇宙旅行」にはまいった!アポロとスプートニクと仏界の飛翔者たち。宇宙飛行切手って国威発揚やらソ連邦内の忠誠心誇示やらでけっこうナマぐさいジャンルななかで、もしかしたらいっとうファンタジックな宇宙飛行切手かも!こころがハレバレと飛ぶ飛翔切手であります。
by calico5 | 2005-08-27 08:34 | 切手
……。
d0015006_1872094.gif
きょうはお弔いでした。思い出すのは物静かではにかんだような笑顔としっかりとした仕事ぶりで、ただただかなしい。阿部聡さん、6年もかかった叢書の相棒をつとめてくれてありがとう。ダーガーの本をつくったときは楽しかったね。待ちに待ったポジがアメリカからどかっと届いた夕方、はじめて見るダーガー作品にふたりとも大興奮しながらカバーにするのはどの絵にしようかってすぐさま作業をはじめた。こちらはスキャン、安部さんがそれにタイトル文字を重ねてみるって作業をリレーみたいに夢中でやって、でも、どの絵でやってみてもカッコよすぎて決められなかった。あっとゆうまに10種類ぐらいできちゃって、ちょっとアタマひやそうか、オナカすいたねってコンビニにひとっぱしりして買ってきたタマゴ・サンドを「おいしーですね」ってにこにこしてた安部さんを忘れない。いつも原稿をきちんと読んでくれて、内容を生かすデザインをしてくれた。書籍のデザインの、足し算と引き算のむずかしいかげんを、しっかりと会得している方でした。いまはご冥福を祈るのみです。阿部さん、ほんとうにありがとう。
by calico5 | 2005-08-25 18:43 | いろいろ
月の百科全書。
d0015006_2236301.gif
お月さまお許しを、あたしの耳たぶ返してよ。
あたしも剃刀返すから。  /中国福建省童謡

いつのまにか陽が落ちるのもちょっぴりはやくなって月の季節。こないだの満月もすごかったね!上は松岡正剛先生の「ルナティックス-月を遊学する」[amazon]にちりばめられた古今東西の月の飛沫言説のいっこ。どおじゃね?10年以上前に担当させていただいたご本がこのたび中公文庫さんで文庫化[amazon]されてうれしいこってす。「ルナティックス」は月をめぐって人類がめぐらしてきた想像力を神話・伝説・文学から科学まで猟渉する月の百科全書。ことに月球的捨鉢派(!)と命名されたラフォルグをはじめとした東西のクールな月光派文学者のきわめつき月作品をを引用しつつ紹介していくところなど絶品。もちろん足穂翁も登場です。

松岡先生の怪物書評サイト「千夜千冊」[LINK]もすでに千五十五夜。すごすぎる…。
by calico5 | 2005-08-23 23:01 | 本・映画・展覧会
「ドレスデン国立美術館展-世界の鏡-」展。
d0015006_18504074.gif
「芸術新潮」8月/ドイツ特集号[LINK]でおおお・ぬかったり!と思ったのが現在東京国立西洋美術館で開催中の「ドレスデン国立美術館展-世界の鏡-」[LINK]がノーマークだったことで、あぶねえあぶねえ。6月に東京国立博物館でやった「世界遺産・博物館島 ベルリンの至宝展―よみがえる美の聖域―」のベルリン美術館が近代美術館のさきがけ(タテモノはシンケル)…美術品を年代別・地域別にカテゴライズして展示し、観客に美術品と歴史文化を学習・理解させることを主眼とした教育的ミュージアムだったのに対して、ドレスデン国立美術館は展示というより世界所有の雛形、驚異博物室(ブンダーカンマー or クンストカンマー)…王侯の富と権力と王権の正当性を誇示するためのコレクションのスタイルを色濃く残した美術館なんであった。(てことはドレスデン-東博/ベルリン-国立西洋でやったほうがいいんじゃないか、ってよけいなお世話)。だからコレクションされているもののメインはむしろ狭義の美術ではなくて天球儀や望遠鏡、甲冑やナゾの博物学的工芸品だったりするわけです。で、きてる、この「クンストカンマー」が!しかも「芸術新潮」をみると気になって気になって気になってしょおがなかった象牙の入れ子細工がきてるじゃないかあ!

クンスト・キャビネット(驚異棚)の絵をみるとかならず納められてるこの象牙の細工、これがなくっちゃブンカマはじまりませんよ的アイテムだけどパトリック・モリエスのきわめつけ本「キャビネッツ・オブ・キュリオシティーズ」(これはホントにお買い得本だよ[amazon]。ドイツ語版はさらに2千円安い!)をみなおしてみたら(上写真)、この写真ってまさにドレスデン・コレクションじゃないか!200個以上所蔵してるんだって。スゲー。ヒッパートの「メディチ家」[amazon]にフェルディナント2世(1610-70) の弟マティアスのすごいコレクションが(この人は自分でも作ってたらしい。ハプスブルグのルドルフ2世<1552-1612>も自作。へんなシュミ。)ピッティ宮にあると書いてあって見てみたいと思っていましたがドレスデンもすごいんだなあ。「芸術新潮」のドレスデン美術館ページのアタマにのってたシノワズリ物体もスゴ。

ちなみに東ドイツのこの博物切手[UP]、これもドレスデン国立美術館の一部門「自然史博物館」のものなんでした。ふーむ。暑くってもいかねばな!看板展示作品フェルメールも「カーテン画」でこれまたカーテン画フェチのこころをそそるのだ!
by calico5 | 2005-08-21 21:03 | 本・映画・展覧会
北岸の燈台と詩人と切手の画家。
d0015006_10371754.gif
大ドイツ特集「芸術新潮」8月号巻頭は北部沿岸の燈台をめぐる旅[LINK]。見応えあって燈台ファン必見。ベルリンに古代ローマ・スタイルの建物を建てまくった新古典主義建築家のシンケル設計の燈台があるのには驚いた。しかも建っているのはロマン派の聖地リューゲン島だって。うひー。おもしろすぎ。燈台をめぐる旅人は平出隆先生。そういえば先生の「葉書でドナルド・エヴァンズにの静謐で鮮烈な最終章もランディ島の燈台でした。

「葉書で…」は架空の国の切手だけを描き、31才のとき旅先のアムステルダムの火事でなくなった画家ドナルド・エヴァンズの通過した土地とひとびとを訪ねながらエヴァンズに宛てて書かれた平出先生の葉書からなる本。シャイでハンサムで不思議な青年エヴァンズは友人たちの名前のアナグラム(アルファベットの組み替え)からつくった国名をもつ架空の国を想いえがき、その国の風景や果物や産業を考えてその国の切手を精密に描いていった画家なんだよ。架空の国の、架空の切手、そしてとうにいない画家へ宛てて書かれる架空の葉書。2001年に担当させていただいた傑作なのでぜひぜひ読んでみてくだされ。刊行時につくった特設サイトはコチラ[LINK]。ほんとにすばらしい本なのだ![amazon]
by calico5 | 2005-08-19 11:14 | 本・映画・展覧会
夏ブナキノコ。
d0015006_0435177.gif
夏にこんなにキノコが生えてるなんて知らなかったー。さすがはブナの森。デンワのカメラしかなかったのでボケボケだがな。ことしの秋こそきばるぞ、キノコ。あっ、そうだカモシカとでくわしたのだ!こちらをじっと見てました。
by calico5 | 2005-08-18 00:45 | ぶらぶら
帰還。
d0015006_150299.gif
ウェブ・リモネア、お盆休みとすっかりごぶさたしてしまいましたがブログ復帰です。またヨロシク!夏休みは例によって小学生のような夏休み。スイカ、モロコシ、トマトをいっぱい食べてカエルみつけたりキノコみたりで楽しかった。モノよりオモイデ(しかも徒歩・笑)。

お振り込みいただいた品々の発送は今日となります。おまたせしてすまんです!
by calico5 | 2005-08-17 15:04 | ぶらぶら
ウェブ・リモネア続行中。
d0015006_1437452.gif
web-Limonea、ぽたぽたとUPし続けております[UP]。きょう・あす更新のブルガリア切手は1963年から1964、1965、1969年のよいものがせいぞろい!上は1969年の「子ども週間」(ブルガリア)。小鳥も「なんかわからない黒い毛モサモサ生物」もおっきめのハイヒールをつっかけてんのがナゾでキュート。来週は初の切手バラ売りをやります。セットじゃない一枚物を自由にチョイスしていただくというリモネア企画!…しかしてUpこまかい!ぜえぜえ。気長にお楽しみください(ゴメン~)。
by calico5 | 2005-08-06 14:43 | 切手
鳩山郁子サイン会 at まんがの森。
d0015006_492463.gif
いよいよ本日、「シューメイカー」サイン会[UP]!問い合わせ多数につき当日券発行も急遽決定!整理券をとりにいく時間がんかった方もぜひご参加ください!
by calico5 | 2005-08-06 04:11