月兎社のモト
by calico5
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メモ帳
カテゴリ
以前の記事
2015年 06月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧
「ユリイカ」臨時増刊号「総特集・稲垣足穂」刊行。
d0015006_22363018.gif
「ユリイカ」臨時増刊号「総特集・稲垣足穂」が刊行されました。鳩山さん、勝本さんも寄稿なさっているので、月兎社内に特設サイトを[UP]
d0015006_22475184.gif

また、刊行を記念して京都・恵文社一乗寺店さん[LINK]でタルホ・フェアが開催されています。このフェアによせて鳩山さん・勝本さんが制作した小品は、月兎社購買部でも通信販売!受付開始は明日28日の22:00です[UP]。
d0015006_22495885.gif

by calico5 | 2006-09-27 22:51 | 本・映画・展覧会
メレンゲきのこ。
d0015006_23484858.gif
ようやく山キノコびより!青梅丘陵をいつもと反対の軍畑からゆったり歩こうというつもりだったのに、ルートをまちがえて高水山に登ってしまった。登りがかなり急なうえに杉植林してある山なのでキノコまるでなく、なんてこったーい、脚ガクガクという感じでしたが、山頂ちかくの高水山常福院のまわりには雑木林が残っていてとつじょキノコ界出現!とくにこのメレンゲ・キッスのような白いキノコがフェアリー・サークルをなしているさまはほんとに愛らしかったよ。
d0015006_23562485.gif
…なんだけど、家に帰って写真をみたら、ほんとにクチビルが浮かび上がっていてひえー、でした。うーん。↓
d0015006_23574325.gif
いちばんすごかったのはこれ↓。背丈20センチぐらいのカラカサタケ。スクッと立っておったぞ。カラカサタケは50センチくらいまでいくのもあるそうで、すごいなあ。と、「見つけて楽しむ きのこワンダーランド」[amazon]と「よくわかるきのこ大図鑑」[amazon]をながめるまいにちです。高水山常福院はたたずまいがよくって、毎年4月には古式ゆかしい獅子舞(かなりストーリー性のあるもの)が演じられるということで[LINK]、ちょっと見てみたくなりました。
d0015006_0201128.gif


鳩山さん書き下ろし短編、勝本さんのオマージュ作品の掲載された「ユリイカ/稲垣足穂特集号」がついに発刊されました。くわしくは一両日中に月兎社サイトにて!
発刊を記念して京都・一乗寺恵文社さんにてきのう9/24より開催中の「タルホ・フェア」のためにおふたりが制作した小品の通信販売もあります。お見逃しなく!
by calico5 | 2006-09-25 00:25 | どんぐり・キノコ・ニワ
ヒガンバナDNA。
d0015006_1331476.gif
曇りの先週末、山には行けず小石川植物園でキノコさがし。でも曇天の小石川植物園は、木立闇に植物のはいた濃い~空気がながれていて正直ちょとこわい。そのうえ彼岸花群生!(暗くて写真ボケボケ)。
d0015006_13352416.gif
葉っぱなしでニュウと伸びてる彼岸花は不思議な植物だけどウィキペディアで見たら「日本に存在するヒガンバナは全て遺伝的に同一であり、…中国から伝わった1株の球根から日本各地に株分けの形で広まったと考えられる」ってスゴ[LINK]。飢饉のときの救飢植物として田んぼに植えられ、お彼岸のころに咲くという意味と同時に「これを食べるくらいの飢饉ならもう彼岸にいったも同然」ということで彼岸花と呼ばれたという説も。作物ができずに彼岸花だけが咲いてる風景って壮絶だなあ。ゴクリ。

霊感とかぜんぜん縁がないんだけど、此処はなんかこわいって場所はある。新宿御苑も小石川植物園もメインの遊歩道は明るくておだやかだけど、キノコやどんぐりさがしに夢中になってると、奥のほうのなんだかゾックリするような凄みのあるとこにはいりこんじゃったりする。凄みにも質の違いがあって、高遠藩内藤氏の江戸屋敷→皇室御料地の御苑の方[LINK]はちょっとヒトの気配のある怖さで、5代将軍・綱吉邸(320年前。古い!)→小石川養生所の小石川植物園は樹木の威厳に圧倒される感じ[LINK]。小石川植物園の大クスノキの樹皮に触れていると神保町の自然関連専門古書店・鳥海書房[LINK]にずっとある日本全国の植物霊異譚を蒐めた本白井光太郎著「植物妖異考 復刻」を買いたくなっちゃう。そこいくとナンもないのが戦後開園の神代植物公園で、それもまたよし!

追伸:うちの近所ではきょういっせいに金木犀咲いたみたいだ。きのうはなんともなかったのにきょうは街中が金木犀の香り。植物ってふしぎだのお。
by calico5 | 2006-09-21 14:23 | どんぐり・キノコ・ニワ
ホネがらみ。
d0015006_11214165.gif
ようやく晴れたね!
この9月はまったくもってどんよりと曇ってた。空も雲ってたけど、世の中で進んでる事々、そしてその報じる姿勢の軽薄さかげんにこの先ロクなことあるまいってな嫌な気分がたれこめちまったい。今日もTVは見ないぞ!(この国ではTVを消して不快感を示すことが世論調査より力をもつらしい…空オソロシイほどのポピュリズム)。自由・平等・博愛・理性はどこいっちゃうんだろうね。酷薄で不公正でファナティックな世の中…いやだなあ。まあもともとマイノリティでなかったことなんかないワシの人生なわけだけど、そのぶん不寛容の時代はキツイっすね(笑)。

…気分とべつにリアルきびしかったのは、飼ってるうさぎ、ヤマダの前肢指骨折っすよ!
気づくのがおくれてしまって(すまん、ヤマダよ!)、消炎治療のために毎日通院。雨のなかうさぎ背負って右往左往でヤマダとともに意気消沈だったのでありんした。(ようやく快方に向かいつつあるような気が…)。てなわけでイナックス・ブックレット「小さな骨の動物園」[amazon]を購入。治療やマッサージのために触れまくったウサギの骨格写真がリアルに迫ってくる。ドイツの「標本作製技術専門学校」に留学した相川稔さんのエッセイがおもしろかったです。あとイルカの椎骨がホシイ。

この本をみていて、実家の隣家の末っ子おチビくんのことを思い出しちゃった。当時4才くらいだったおチビは子ども好きのうちのハハのところにしょっちゅう遊びに来ていて家族で可愛がってた。その日はいっしょに図鑑をみていて、ヒトの全身骨格のページにきたらチビの顔つきがかわって、「これはドコにいるの?」。可愛くって思わず「キミのなかにもいるよ~」と言ってしまったら、チビはほとんど泣きそおになりつつ「うちのおにいちゃんのなかにも?」。「おにいちゃんのなかにも」と答えるとショックのあまり帰ってしまったのだった。ゴメンおチビ。その後友人のなかにもじぶんの中に骸骨のヒトがイル!ということに恐怖をおぼえたってひとが何人かいることが判明。うーん、じぶんはどうだったかなあ。曾祖母の骨をひろった光景は長くガキのじぶんの就寝前メメント・モリ・イメージになっていたけれども。
by calico5 | 2006-09-20 12:14 | 本・映画・展覧会
19世紀末の糸巻き。
d0015006_11373423.gif
動物の骨でできてる19世紀末の糸巻き、星形をみっけた。じつぶつは薄べったくて拍子ぬけするくらいなんだけど、なんかイイのであります。彫り物のある象牙の糸まきも手にとってみたいモノダ!
by calico5 | 2006-09-17 11:48 | ガラクタ
スパゲッティ・ボタン。
d0015006_20301339.gif
いきなりの寒さ。毛布だしちゃった。寒いとソーイング方面に傾いてしまうのはなぜだろう。

ここんとこまたボタンを少々ふやしてます。いま気になってんのはベークライトのなかでも「スパゲッティ」「パスタ」「ヌードル」とかって呼ばれているもの。ひねったり結んだりしてあるさまがおもしろいんである。
by calico5 | 2006-09-13 20:42 | ガラクタ
青どんぐりとチョッキリさん。
d0015006_0443220.gif
枝についた青どんぐりが見たいなあと思って神代植物公園[LINK]。もういろんな木の実がおちはじめてる。正門いりぐちのどんぐり展示テントももう設置されているし、キノコらもでているし、いよいよだな!(笑)。かといって夕刻にはひぐらしの声がひびいていて、晩夏の林はいいなあ。すごく気もちがよかったよ。

樹の背が高くって、目を凝らしても樹上のどんぐりは見えなかった。でも地面にたくさん落ちていて拾うことはできる…なぜそんなに青どんぐりが落ちてるか…それはチョッキリ虫のしわざなんである!くわしくは「ポケットにタコノマクラ。」さん「どんぐりコレクション」の項目を[LINK]。あまりにもたくさん落ちているので、いやさすがに全部チョッキリさんのしわざではあるまい、と思ったけれど拾って帰ったどんぐりをよく見ると全部に穴あいてる!チョッキリ虫おそるべし!…と「ドングリと松ぼっくり」[amazon]をみながら眠りにつく毎日です。

d0015006_112451.gif
てなわけで季節もうつろい気分はクラゲ・ゼラチン質から木モノに移行しつつあり、あたまでっかちクマぼっこなどもとりだしてきてみました。靴の木型は例によってとつぜんとりつかれてるけど靴はやっぱりスクエア・トゥが好きだ。購買部にていくつか[UP]。みな手のひらにのるくらいの大きさで、木の固まりに触れるのはここちいい!
by calico5 | 2006-09-07 01:43 | ぶらぶら
晩夏ごろごろ団。
d0015006_1315022.gif
朝晩涼しくなった今日このごろ、シュタイフごろん組があつまってきておりやす。ころがってもあたまははたらいてるキョロンうさぎおり、爆睡仔ひつじおり。購買部にて[UP]。こちらもついついお昼寝したくなるよな。
d0015006_1252425.gif
それにひきかえ、ぱっきり起きてグリーン・アイズぱっちり、すんごくうるさいのが70年代仔ひつじDRALON君。なんと口があいてて、「ベェェエエエエッ」というカオに似あわぬ大音声が聞こえてきそう。前の持ち主のこびんちょがなにか食べさせようとしたのか、お口の先がよごれています。カワエエ。オールド・シュタイフ買っていると片面だけモヘアがすりきれていたり、キスされて口先だけが色おちしてたり、子どもたちがのこした痕跡もまた愛らしいよね。
d0015006_12573728.gif

by calico5 | 2006-09-05 13:04 | ガラクタ
月兎社購買部in前橋・煥乎堂さん。
d0015006_12125113.gif
前橋・煥乎堂さん[LINK]美術担当のKさんが現在展示中の月兎社コーナーの写真を送ってくださいました!2Fのアート書コーナー。階段をあがってすぐ!ぜひ手にとってごらんください。切手もハゲシク充実しています!
d0015006_1221327.gif

by calico5 | 2006-09-04 12:18 | いろいろ