月兎社のモト
by calico5
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
メモ帳
カテゴリ
以前の記事
2015年 06月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2007年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧
佐賀町~永代橋。いまはなき食糧ビル界隈。
d0015006_1381491.gif
ヨーガンレールで石をみたあと、食糧ビル[LINK]のあったあたりをぶらぶら。ビル跡地は何の変哲もないマンションになっていたけれど、ちょっと先に不思議なファサードのある建物。このあたりは商店や事務所だったとおぼしき味わい深い家がだいぶのこってます。右は永代橋の先。大通りに面して看板建築の古い商家が数件の並んで残っているなかで、勝手口の木戸があいていたのをふとのぞいてべっくり、ワンダーランドォ!奥のガラス扉はステンドグラスになってました。なんか台湾の九●(にんべん+分)を思いだしちゃった。
d0015006_13172310.gif

by calico5 | 2007-01-31 13:18 | ぶらぶら
ヨーガン・レール「石の家」展。
d0015006_1972291.gif
駆け込みでいってきました[LINK]
石うつくしー。瑪瑙の縞目と木目が繋がる木の「家」がほしかったでした。
2007年1月18日(木)~29日(月) 11:00~19:00 
東京都江東区清澄3・1・7 03・3820・8825
ヨーガンレール本社一階 ババグーリ

そのあと佐賀町倉庫街、永代橋をへて東京駅までぶらぶら(後日掲載)。
下は兜町の路傍の石。これも石の仮住まい?
d0015006_19173229.gif

by calico5 | 2007-01-27 19:19 | 本・映画・展覧会
にえサボテン。
d0015006_10175221.gif
ことしの路地散歩のテーマのひとつ(オオゲサ)にしたいのが、にえサボテン。古いおうちの玄関先で、愛されてるのか放置されてるのかビミョーな感じでにえにえになってるサボどんです。上は東池袋、下は高円寺。おおおっ、これは、と思いながら写真を撮らなかったのがいっぱいあるので再訪したいもの。「植物を愛する人間に悪人はいないと言うが、シャボテンだけは別である」と言い切った 龍胆寺雄の「シャボテン幻想」[amazon]も再読すべし! d0015006_103728.gif
by calico5 | 2007-01-27 10:37 | どんぐり・キノコ・ニワ
スズカケ毛玉。
d0015006_12223978.gif
勝本さんからうかがってはおりましたが、たしかにモフ玉づくりはハマる。毛糸をたばね鋏で刈っていくだけなんだけど、ちょきちょきしているうちに忘我の境地に…。しかして没頭したあと(やめられなくなるんだよー)、町にでるとみちゆくヒトビトの髪をチョキチョキ刈りたいという煩悩がおのがうちにうまれていることにとまどうのであった。(チョッキリさんになってはいかん)。
by calico5 | 2007-01-25 12:28 | いろいろ
オーランド。
d0015006_14414516.gif
オーランド諸島発行の海辺のパンツ子ども後ろすがた切手。オーランド諸島はフィンランドに属する自治区。ロシアとスウェーデンに領有権がゆれ動く歴史をへて、なかなかしたたかに生きる島であるようです[LINK]。オーランド諸島郵便局のHPによると、切手を発行しだしたのは1984年、まだ切手歴史の浅いところ。郵便局の建物がキュート[LINK]!こんな郵便局からハガキをだす夏休み少年なんてウットリだけど(笑)、1991年に世界で最初に郵便事業を市場原理にゆだねた国となったとあり、局の1/3が閉鎖され、1/3の局長がふっとばされたっていうから、けっこうシビアっすね。ブルブル。

下は仏領南極地方切手。南極はいかなる国の領有も認められていないけど、仏領、英領、と南極切手が発行されてます。発行真意はわからねど(スーベニール?領有への意志?)、いずれも本国とはちょっと雰囲気を変えたうつくしい切手です。仏領南極の場合は本国伝統の凹版切手だけれど、余白をいかした清々しい画面に特徴があります。これは極地に生きる原始的な植物だろうか。静謐な画面にしばしみいってしまうんでした。
d0015006_15393087.gif

by calico5 | 2007-01-23 15:39 | 切手
鳩山郁子「鳩小屋日誌」。
d0015006_1554021.gif更新です[UP]

「Winter Winders」、渋谷パルコpart1地下のリブロ渋谷店さん[LINK]にも納品させていただきました。お立ち寄りを!
(さすがに洋書部LOGOSの品揃えすばらしくって散財)。
by calico5 | 2007-01-22 02:09
ラム・ラマ切手。
d0015006_2454422.gif
年末UPしきれなかった購買部スタンプ・マーケット[UP]です。こんかいはウルグアイの未使用切手が多数。この凧の切手、愛らしくて静かに陽気で大好きです。花をもった男の子も可愛い。南米にはよい切手を発行した国が多いけど、ウルグアイ切手はなかでもイチオシ。なんといってもヒツジ・ウシウシ切手の充実がハンパじゃナイ。しかもモフ・ヒツジ愛がひしひし。
d0015006_2535857.gif

by calico5 | 2007-01-17 02:55 | 切手
新旧リス切手。
d0015006_1333359.gif
去年発行のふるさと切手にエゾリスがいたことにいまごろ気づく[LINK]。手前は1968年の「貯蓄で自立」切手。この切手をみて刺激され、どんぐりグッズに散財してはイケマセン。(徽章はおなじみイギリス・チェシャー分隊だよん。すんごい小さいのだ)。
by calico5 | 2007-01-16 01:51 | 切手
あけましておめでとうございます。
d0015006_1381246.gif
思いもよらずながい正月やすみになってしまいましたが、昨日青山ブックセンター表参道本店さんに鳩山さんの「Winter Winders」を納品にうかがったのをもって月兎社シゴトはじめとなりました。昨年末には中野のタコシェさん、高田馬場&池袋のまんがの森さんに納品していますので、ぜひ手にとってごらんください。くわしくはコチラにて[UP]

鳩山さん[UP]、勝本さん[UP]より新年のごあいさつが届いています。
ことしはくしくもおふたりとも6月に銀座で個展!
鳩山さんはスパン・アート・ギャラリー、勝本さんはガレリア・グラフィカでの開催です。
月兎社ではそれにあわせて、鳩山さんの長編書き下ろし漫画作品のBOX(ただいま130頁!)、勝本さんの作品集「Study in Green」(仮題・こんどは大判!)を出版させていただきます。もー、たいへんなことになりますが、やるぞ!やらいでか!
さらに念願のシークレット企画も2007年に実体化させていただけますので、
とにかくやるのである。むるむる。

…とてつもない大抱負となりましたが、個人的にはことしは重厚本の連続読破をする決意。
ルネッサンスからマニエリスムの流れを日本出版文化の遺産たる70~80年代の美術系人文書でたどる所存。こちらも気合いいれるっすよ。

いっぽう雑貨方面ではどちらにむかうかわからぬ月兎社の興味のゆくさき、どうぞよろしくおつきあいくだされ。最新興味物件は19世紀末陶器湯たんぽ…。うへー。手をだしちゃったらどおしよお。ブルブル。でもすごくおもしろいのだ。重くてかさばるジャンルは鬼門だけどな。

というわけで、ことしもどうぞよろしく!
楽しい一年にいたしましょう。
by calico5 | 2007-01-14 02:06 | いろいろ