月兎社のモト
by calico5
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
メモ帳
カテゴリ
以前の記事
2015年 06月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2007年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧
勝本みつる作品集入稿!
d0015006_14272577.gif
銀座ガレリア・グラフィカさんでの新作展にあわせて月兎社が刊行する勝本さんの作品集、きのうついに本文入稿となりました。
タイトルは「one day 或る日 勝本みつる初期作品集」に決定!
判型はB5判(大学ノート・サイズ!)、80ページ、オールカラーです。
緑の時代にはいる以前の白い箱のシリーズ、コラージュと、アトリエの抽斗に眠る作品の住人候補たちを松浦文生さんに撮影していただいた不思議写真で構成されています。ながく勝本さん作品を観てきてくださった方々には懐かしく、緑時代からの勝本さんファンの方々には新鮮な作品集になったと思います。

造本・装幀は鳩山郁子さんの単行本「ミカセ」「青い菊」装幀でもおなじみの坂本志保さん。月兎社、清水の大舞台より決死のダイヴ、大判でGo!でありましたが、坂本さんのお手によるページ・レイアウトができあがっていくうちに自信まんまん、やったるで状態(笑)。ちかじか特設サイトも開設します。乞うご期待!乞うご購入!

「ろかにわしごと」も更新です[UP]
by calico5 | 2007-04-28 14:44
庭しごと道具。
d0015006_1563511.gif
またD. Rozensztroch氏の本を買ってしまった。庭しごと道具の本[amazon]。 Rozensztroch本にはずれナシ伝説更新の楽しい本。ベランダではちっちゃいシャベルくらいしか使えないけど、作業道具の充実したさまって豊かでほっとするよね。木・鉄・ガラス・焼きもの…といろんなマテリアルがそろってるのもオモシロイ。
d0015006_24547.gif
これは苗にかけるクロッシェ。シガレット・カード「ガーデニング・ヒント」にあったのはガラス器だったけど、素焼きもあるんだなあ。
d0015006_2201291.gif
これは何かっていうとフルーツ・ピッカー、果物摘み具。
d0015006_2221998.gif
ベランダのバラが咲きました。ことしの蕾はデカイ!ティカップ咲きの中央のクシュクシュした花びらの清楚なコケットリーが好きなんだよん。そろそろじゅんびしなくちゃいけない種まき、ことしこそ窓という窓をニガウリで覆い(実の炸裂期、ブキミすぎ?)、ベランダ床はイタリアングラスで兎野にするナリ。がんばろー。

今週は勝本みつるさんの作品集編集が大詰めでした。みなさまのご助力をいただいてすばらしい仕上がりになりつつあります。こうご期待!!
by calico5 | 2007-04-27 02:06 | どんぐり・キノコ・ニワ
鳩山郁子「アナウンスメント」更新。
d0015006_1313953.gif鳩山さんがCDのお仕事を![UP]
by calico5 | 2007-04-27 01:33
畑のオルガン。
d0015006_11161913.gif
ありゃりゃ。
by calico5 | 2007-04-20 11:16 | ぶらぶら
どしゃぶり。
d0015006_1213192.gif
またひどい事件がおきて沈痛だ。…それにしても、伊藤市長、加藤議員、石井議員に対するテロに見られる、事の重大さと、暴力団構成員である犯人が自ら語る動機のトンチンカンな卑小さの、この落差は何なんだろう。効果は政治的だが動機は非政治的というのは何を意味してるんだろう。語られる動機のくだらなさが、政治テロであることを曖昧にぼかし、被害を受けた人の活動や志を侮辱していくさまがゆるせないし、やるせない。

靖国参拝問題で騒然としていた去年の8月、長崎の式典で、そのテンションの低さで自分の口からいずる反核言説を無化していく意図があるかのような前首相の式辞に対し、伊藤一長市長の平和宣言はとても力のあるもので感銘を受けたのを覚えてる。亡くなったあと、市長当選前は「平和行政は国の仕事」と発言していたにもかかわらず、就任後、「被爆行政に携わってきた市幹部、被爆者や市民からの熱心な働きかけ」に応え、「95年のオランダ・ハーグの国際司法裁判所で日本政府が態度を明確にしない中、<核兵器使用が国際法に違反していることは明らか>と言い切った」(朝日新聞、4/18夕刊)という記事を読んで、長崎市長という歴史的/未来的に重要なポストと真摯に向き合うことによって、世界の無理解に立ち向かう<自分の言葉>を獲得した人だったのだなあと思った。
「ご冥福を祈る」という言葉を書くのが悔しいくらいのひどい事件だと思う。かわりに伊藤市長の長崎平和宣言にリンクします。[長崎平和宣言2006]
by calico5 | 2007-04-19 02:17 | いろいろ
もいちどサクラ。
d0015006_11224330.gif
春の里山でもいちど桜をみることができました。東京の桜はソメイヨシノだらけなんだーと再認識。こちらではいろんな桜の木があって、ことに畑のまんなかの、はんぶん朽ちたような樹に咲く桜に惹かれるものアリ。…桜種類サイトはコチラ[LINK][LINK]
d0015006_11373298.gif
にゅっとでてる春の芽にたくさん遭遇。今週の鳩山さんの豆本入稿ガンバロー、と新芽のイブキに誓ったナリ!
d0015006_11351716.gif
d0015006_11444335.gif

by calico5 | 2007-04-16 11:45 | どんぐり・キノコ・ニワ
バー・ラム・ユー!
d0015006_1213851.gif
緊急おしらせ(笑)。ハトヤマ会長より教えていただきさっそく録画設定。きょう19:00からテレビ東京で「ベイブ」[amazon]オンエア!ひつじもいっぱいでてくるよ。この農場主さんが「クイーン」でエジンバラ公を演じててべっくり。バー・ラム・ユー!
by calico5 | 2007-04-10 12:04 | 本・映画・展覧会
にえサボ&にえ水槽。
d0015006_341440.gif
乙女椿(乙女椿って、素甘のぽってりとしたやさしい雰囲気を連想しない?)に誘われた視線の先に<にえサボテン>。なんかノホホンとにえてます。ことしの散歩テーマ「にえサボ探訪」は地味につづいているのですが、ここにきて「にえサボ庭ににえ水槽あり」の法則が発動。ことにこれは水槽が戦前のアルミ枠(がさびさび)のうえにサボーズがのびのびという優良物件↓。
d0015006_314896.gif
↓こちらは水槽&サビ時計。なんかぐっときました。
d0015006_3165415.gif

しかしてサボ探訪をしているとなぞのオニワも自然と目にはいってくる。先日は屋根のひさしにヤギの頭骨(しかも2コ)が放置されているお宅に遭遇。インテリアなのか?そうなのか?ガクブル…。
by calico5 | 2007-04-10 03:33 | どんぐり・キノコ・ニワ
あああー。+よくあさ。
d0015006_4233975.gif
マゾなのか、郵政選挙で全国がうかされてた<勝ち馬に乗りたい幻想>が東京ではいまだに生きてんのか、理解不能だ。沈痛。でも立候補してくれた浅野さんに深く感謝。
きのう唯一心をいやしてくれたツクシンボくん、きみにも感謝だ。ぐっすん。


一夜あけて統一地方選の全体がみえたら、やっぱり東京はちょと特殊だったみたいだ。
***************
全国的には、
自民党が1309から1212議席に後退。
民主党が205から375に躍進
公明党が178から181に微増
共産党が107から100に後退
社民党が73から52に後退。
国民新党が1議席を始めて獲得。
諸派が前回46から今回40
無所属が687から583に減少。
(中略)
 県議選の結果に見られるように、地方では、自民党には逆風が吹いているのです。東京だけは、小泉政治による恩恵を受けていること、またそう高い所得でない人でも、小泉さんの地方いじめに溜飲を下げている点があることなど、特殊なのです。その東京でも、石原さんは票を減らしたのです。2003年レベルの自民党と公明党の票は固めた、それだけのことです。2005年ころほどの勢いはないのです。
********************************[LINK]

ますますもって、東京は傲慢で人品おとるイバリんぼの集まりみたいで、やんなる話ではあるけれど、このまま従軍慰安婦問題や日本軍による沖縄民間人集団自決追い込みを、「証拠がないから歴史的事実とは言えない」などとと平気で言って教科書から抹消させる、知的に恥知らずかつ死者や被害者を二度殺すような現政権[LINK]をして「人柄を評価して」信任しちゃうような「良識」(うげ)が参院選を席巻するのかと思ってどーっと暗くなった気持ちをすこしは救ってくれたのでありました。トホホ。
選挙に勝ったらホワイトカラー・エグゼンプションだってとおされちゃう。「時給」という考え方は、産業革命後の新奴隷階級だった賃金労働者が勝ち得た唯一の「客観的基準」だということを忘れちゃイケナイ。時給という考え方を無効にしようとするホワイトカラー・エグゼンプションがまかりとおったら、労働者は「無能」「ナマケモノ」「自己責任」とののしられながらただ働きさせられてしまう。ここ最近のヤツラのほんとうにいやらしいところは、誇りを踏みにじりつつ搾取しようとするところ。これはほんとうに19世紀までの封建領主&産業資本家のやりくちで、それが21世紀になって復活しつつあることにはひどく失望させられる。たとえサービス残業が横行するにしても、それが違法か違法でないかでは大きなちがいがあるよ。じぶんは「朝だけ押すタイムカードってできないかな」ってシャチョーがのたまうような会社に勤めて、いちども残業手当なんかもらったことなかったけど、「それは違法だ!」という怒りの正当性はじぶんのロードーシャとしての誇りをささえるものだった。(まっ、リーマンとしてのオイラの15年はけっきょくムナシイものだったけどね・笑。…編集者としては過分な仕事をさせていただいたので、しごく幸福な15年だったけど!)。
全体主義の否定にしても労働者の人権にしても、20世紀の歴史が勝ち得たものを無効にしてほしくない。ほんとにそう思う。
by calico5 | 2007-04-09 04:39 | いろいろ
部室でおべんと。
d0015006_94453100.gif
都立校の出身なのでここ数年ハゲシクむかついてる。学校に本筋をはずれた踏み絵があって、それによって先生が停職になったり、免職になったり、そんなことがゆるされるのはおかしい。生活が脅かされているとき、ひとが公正であったり寛容であったりすることはむずかしい。勤めていた会社がかたむいて、いやがらせ人事や首きりがはじまったとき、そこそこまっとうだったひとたちがみせた自己保身と卑怯さが哀しかった。いまじぶんの母校の生徒達がそんなものを目の当たりにさせられていると思うとハゲシク沈痛だ。
自分のかよった都立校は、いろんな子たち、いろんな先生たちがお互いを認め合って、自分の興味のあることに熱中して楽しく暮らしてた。みんなほどよく自分勝手で、他人に親切だった。毎日部室でいっしょにおべんと食べてた友人といまでも話すけど、あの高校で暮らしてるうちに、じぶんにも大きく息をして仲間たちと生きてける場所はかならずあるって信じられるようになって、大人になるのが楽しみになった。その都立高が、人権無視で税金を私物化するあのジジイの権力濫用の最たる舞台にされてしまったことがほんとうにはらだたしい。
権力者が権力を濫用するとき、公正さや親切心というものがないがしろにされて、末端の小物が恥知らずにプチ権力を濫用しだす。みんなが雇用に不安を感じ将来が保証されないとき、ゆがんだプチ権力は最大の威力を発揮する。それが戦中の日本や戦後東欧の「存在の耐えられない軽さ」の全体主義社会の実態だったんだと不況になってから理解した。そんな動きにはどめがかかることをホントに祈るぞ!
by calico5 | 2007-04-07 12:26 | いろいろ