月兎社のモト
by calico5
メモ帳
カテゴリ
以前の記事
2015年 06月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2008年 12月 ( 29 )   > この月の画像一覧
今年もお世話になりました!
来年も楽しいことをたくさんご一緒できますように!
よいお年をおむかえください。

年末おへんじできてないメール、なにとぞおゆるしください。新年に。
では!列車とびのりますー。
by calico5 | 2008-12-30 11:37 | いろいろ
鳩山郁子 年末ごあいさつ。
d0015006_1134454.gif[UP]しました。
by calico5 | 2008-12-30 11:35
勝本みつる「緑色の研究」フェアin銀座松坂屋MUJI BOOKS。
d0015006_911525.gif勝本みつるさんの「緑色の研究 study in green」の出版を記念して、ユトレヒトさん[LINK]が銀座松坂屋のMUJI BOOKS[LINK]にて展示を開催してくださっています(ユトレヒト岡部さん、ありがとうございます!)。残部僅少の特装本をはじめ、深いみどり色のファーとアンティークのレースが折り重なった "9 feuilles "や、優しい音色を奏でるフワリコなどの作品も展示販売中。新年1月5日までですので、年末・年始の銀座おでかけ(いいなー!)の折、ぜひお立ち寄りください。
*
*
「緑色の研究」の装幀をしてくださった須山悠里さんの企画・装幀で出版されたPOSTALCOのマイク・エーブルソンによる「fish mouth」[LINK]の発行の記念フェアの、やはりユトレヒトさんのプロデュースによる展示がMUJI東京ミッドタウン店で開催中です[LINK]。こちらも新年1月5日まで。「本の中で使用した素材をもとに、大きな魚のあたまの模型なども展示。好奇心旺盛で創造性豊かなマイクの思考の道のりが確かめられる1冊です」。他、POSTALCO商品や、関連書籍販売もあるそうです[LINK]。年末・年始の六本木おでかけ(いいなー!←こればっか・笑)のおり、ぜひお立ち寄りください。つか、ワシも5日にいくぞ!ぜったい!銀座と六本木をハシゴしちゃうもんね!
by calico5 | 2008-12-29 08:42 | 出版・編集
しまったぁぁ!
d0015006_8191782.jpg眠ってしまったぁ!DTPあと30頁(しかもややこしい頁を残してる)、かつ、amazon.co.jpから「ルケッタ」「緑色の研究」のドカ納品依頼。(ウレシー!ご注文のみなさま、ありがとうございます!)。これからセット組をせねばならず、もー、年賀状はふっとびました。(初の寒中見舞いだ。ぐっすん)。今日一日で終わらせられるのかとこわいけど、やるしかないー。集中集中!
「ルケッタ」[amazon]「緑色の研究」[amazon]、ともに「2~4週間待ち」になっていますが、本日納品いたしますので、どうぞご注文ください。よろしくお願いいたします!
by calico5 | 2008-12-29 08:31 | 出版・編集
グリッド回帰。
d0015006_5512030.jpg
古いDTPソフトがいよいよ使えなくなって新しいので作業してます。操作覚えながら新鮮な気分で年末さいごの突貫120頁。もうあたまクラクラだけど、内容が最高なので楽しい。乞うご期待です。
新しいのは文字組み優位のソフトなのでちょっととまどう。でも懐かしい。最初に就職した会社のシャチョーが「電算写植は認めん!」ジーサンで活字本にこだわってたので、超絶活字組指定をそこで覚えたのでした。1頁に十何種もの大きさの活字を使い、行間を微妙に変えながら組みあげていく指定は、もう細かすぎて数値で計算していくしかないものだったので、当時はもう活版なんて終わるのにこんなテク身につけても何だかなーだったけど(作業自体はすっごくおもしろいんだけどね)、その後DTPの時代になったら、このとき身につけた感覚にすごく助けられてるんでありました。いっこの職業をめぐる技術革新の変遷っておもしろいなあ。しみじみ。
by calico5 | 2008-12-27 06:00 | 出版・編集
BOULE DE NEIGE。
d0015006_12354663.jpg
さいきん見つけたスノードーム,フランス独特のたまご型のグラス・ドームに聖母子。「卵と聖母子」といえばピエロ・デラ・フランチェスカの「モンテフェルトロ祭壇画」[LINK]だけれど(大好きだ!)、この絵の卵について言及があったなあと思って傑作卵本「卵を割らなければオムレツはできない」[amazon]をひっぱりだしてきたら、やっぱり面白いことが書いてありました。このマリアの頭上の卵はニワトリの卵ではなく、駝鳥の卵であること。「中東からアフリカにかけて、至る所の教会、僧院、回教寺院で、駝鳥の卵が建物の入り口に吊され、ときにはモスクの尖塔の装飾に貼りつけられて」いた。「これは駝鳥の母親が卵を産んでから、我が子の宿った卵をじっと見つめることで孵化させたという伝説が基礎になっている。しかも、母親が一瞬たりとも目を離したら最後、卵は腐ってしまうのだ。この教えは、会堂に通う善良な人々に絶えず目をそそいで守護を賜る神の恩寵につながるだろう」(p.176)。
ちなみにこの祭壇画の施主であるモンテフェルトロ公(手前で跪く甲冑の人)は、ルネッサンスの大パトロンたちのなかでも殊に興味深い人物で[LINK]、このひとの造らせた壁面全部が幾何学的な寄せ木細工に埋め尽くされたストュディオーロ(書斎)には夢中になったものでした。(原研二先生の「グロテスクの部屋」[amazon]で書いてくださってます。面白かったー)。

d0015006_1305117.jpg
ただいま発売中の「雑貨カタログ」さん[amazon]のスノードーム小特集ページに月兎社も取材いただいてます。楽しいページに参加させていただいてうれしい。スノードームに興味ある方々、ぜひご覧ください!
by calico5 | 2008-12-24 13:03 | 本・映画・展覧会
ロペス先生の時間。
d0015006_22445159.jpg
年賀状書いてるやつはいねが~、って冗談です。(メドもたってないよ、えーん)。「ルケッタ」の制作&発送作業をしているあいだ、ずっとこのDVDを流してました。牛映画じゃないよ・笑[amazon]
d0015006_2251078.jpg
ベテラン教師のロペス先生が、3歳から11歳までの13人の子供たちを一つの教室で教えているフランスの牧畜の村の学校のドキュメンタリー。例によってニコラ監督の映像は淡々と進みます。
d0015006_22565180.jpg
とはいえ今作の対象は剥製や名画じゃなくって子どもたちだから、いろんなことがおこる…だけどロペス先生の統べるこの教室の時間と空気はとても落ち着いてます。先生が子どもたちに伝えようとしていることはいつも一つのような気がしたな。「だいじょうぶ、落ち着いて、だいじょうぶ」って。…ひとつの事に集中できない子も、ケンカして苛立っている子も、うまく人と話せない子も、はりきりすぎちゃってる子も、ロペス先生とゆっくり話すことによって、現実と自分の気持ちの両方をその子なりに理解して、少しづつ成長してくんでした。
d0015006_2362611.jpg
子どもたちも、教室の掲示物もすごく可愛い。
d0015006_2372923.jpg
いいなー、と思ったのは、おっとりした子がとつとつと話してるところに、活発な女の子が割り込んで話そうとしたとき、ロペス先生が「いまはアクセルが話してるんだよ。邪魔をしないで。」といって制していたところ。目立つ子やその言動にひっぱられずに、そのとき相対してる子の話を最後まできいてあげてる。(もちろん、ほかの場面ではその女の子の積極的なとこをほめて引き出してる)。amazonのコメントが、フランスの人口の1/4がこうした1クラス学校の卒業生だという統計にふれてあっておどろいたけど、国民の1/4の人が中学生になるまでこういうゆったりした時間と人間関係のなかで育った国と、日本のような国では、人々の心性はひどく違うだろうなあという気がしました。特典映像で監督が語っていたこと、「教育の場における心の絆を描こうとしたと思う。求めること、与えることが同時に行われている。作品の中でも、多くを求め、与え合ってる。だからうまくいってる。この交換と敬愛の念は双方向のものだ。決して一方通行ではない」。学校だけの話じゃないなあって反省してしまいました。だんだんいろんなことがめんどうくさくなって、求めもしない与えもしないって、なりがちだもんなあ。
d0015006_23213979.jpg
子どもたちも先生もよかったけど、村のモミの木にみょーに惹かれました。
by calico5 | 2008-12-23 23:24 | 本・映画・展覧会
鳩山郁子「アナウンスメント」。
d0015006_2234964.gif更新です[UP]
「ルケッタ」へのたくさんのお申し込み、ありがとうございます!12/19日のお振り込みまで、本日発送完了いたしました。
by calico5 | 2008-12-23 22:35
鳩山郁子イラスト原画UP!
d0015006_2318288.jpg
明日17日21:00のお申し込み受付です[UP]
by calico5 | 2008-12-16 23:20
フユツル。
d0015006_1372139.jpg
じつは今年、冬ツルに挑戦中です。円い葉っぱはスナップ・エンドウ。
d0015006_138078.jpg
…とゆうか、ベランダの柵の外側で、アスパラガス・スマイラックスがコソーリ繁茂してとぐろを巻いてたのだ。これにはビックリ。せっかくだからと絡まってるのをほぐして、柵の上のツルづなに誘導したらばさらにイキオイづいてこの状態。ニガウリ後の空白を占拠しつつあります。アスパラガス・スマイラックスはこのように透きとおった明るい緑の小さな葉がいっぱいついた、なかなかに繊細な植物なのですが[LINK]、その実態は不死身ツル。ウチの住人も、小さい鉢で買ってだめにしちゃったんだけど、ほんとはスゲー生命力の持ち主だって知ってたので(前にも一鉢だめにして復活に驚愕したのだ←ずくなし書記長の告白)、からからになった球根を(カラカラにしてはいかんだろ)、隅のほうに植えておいたのです。
この繁茂っぷりに、冬でもツル、いけるなあと思い、スナップ・エンドウの苗を植えてみました。子どものころ、ようやく雪が溶けたおそい春、最初に萌え出す緑がスイトピーだった記憶に惹かれて。ご近所さんが、みんな生け垣に植えてたなあ。…で、初めて育ててみてあきれてるんだけど、豆科のヒトビト、意外と上昇志向に欠ける!ジャックと豆の木ふうにぐんぐん伸びてゆくのかと思いきや、ほっとくと下の方でだらだらしててぜんぜん巻きつこうとしない。スマイラックスもぐるぐるとぐろまいてダマダマになってるし…フユツルのヒトタチにはフユツルのヒトタチのthe way of lifeっちゅうもんがあるみたいです。

ご注文への返信、やっと全部お送りできました。まだメールがこない方おられましたら、たいへんお手数ですがご一報ください。よろしくお願いいたします。
by calico5 | 2008-12-16 02:00 | どんぐり・キノコ・ニワ