月兎社のモト
by calico5
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
メモ帳
カテゴリ
以前の記事
2015年 06月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧
「雀の小藤太」搬入。
d0015006_222982.jpg
明日からのユカワアツコ「雀の小藤太」展[UP]、無事搬入です。きょうユカワさんは小藤太がおうちにいなくなってさみしそうにしてました(可愛い…)。会場はとってもよい雰囲気です。居心地よくもあり、ふるめかしい小さな博物館っぽくもあり。10分も歩けば善福寺公園のお花見ができますので、明日からの個展、ぜひぜひお訪ねください。サイトの小鳥まつり会場は、ただいま「小藤太」と「小鳥ならば」の全ページ・プレヴュー突貫工事中です。
d0015006_22454623.jpg

「小藤太」BOXには「イラスト編」と「制作リポート+資料編」の2冊の冊子がはいってます。…資料編のために図書館の地下室で「帝国文庫」という小型の叢書を読んでいたんだけど、(緑の布貼りのシリーズで、すごく欲しくなっちゃった)、「小藤太」の巻の巻末に、すごくヘンな絵巻物の記録が記されてたんでした。

「蛙の草紙」
第3枚   山があって男がいる。牛が布を喰っている。(!)
第4、5枚 2頭の牛が、乾してある布を喰っている。
第6枚   男が人々を呼び集める。男が人々を嗅いでいる。
       男が牛を嗅いでいる。男が牛の口から布を引き出している。
第7枚   辻堂のなかに男がいる。人の服装をしたヒキガエルがやってきて、
       なにか男に頼んでいる。
第9、10枚   大きなヒキガエルが家の床下から掘り出されている
第11、12枚  ヒキガエルが祠にまつられ、神楽殿で2人の御子が神楽を奏している。それを6人の男女童子がみている。(ノオトを失ったので制作年代その他記すことができない)

…って何なんだよー!「牛が布を喰っている」「男が牛を嗅いでいる」って、うーん。内田百間より不条理。すんごい気になる。根津美術館蔵だそうです。もやもや。…カワイイ小藤太あり、へんなウシの話あり、絵巻物って深い…。
by calico5 | 2009-03-31 22:09 | 本・映画・展覧会
雀とインターシティ。
d0015006_15133277.jpg
3月、じつはユカワアツコさんと月兎社でタクラミゴトをちゃくちゃくと進行させておりましたんだよ。ふたりして向かったは品川インターシティ、しかも定時出社のパリサラ(パリパリのサラリーマン・笑)の波にまぎれて!うひー、ナニゴト!
d0015006_15193457.jpg
キヤノン本社で小鳥を出力検討会!
d0015006_1522038.jpg
それだけじゃない。飯田橋のサンワ印刷さんでは、こちら「雀の小藤太」を制作。小藤太カワエエ!

てなわけで、いきなりですがユカワアツコさんと月兎社は、4月1日-5日のユカワアツコさんのイラスト展「雀の小藤太」にあわせて、「春の大小鳥祭り」を開催いたします!(ダイショウトリマツリ」じゃなくて「ダイ・コトリマツリ」だす)。小鳥好きのみなさま!ぜひぜひお集いください。詳しくは特設サイト[UP]にて!
d0015006_15251692.jpg
箱の色も翔びたつ箔押しのシルエットもすこぶるキュート!
d0015006_15262586.jpg
これからユカワさん宅でちっちゃい木の実のようなビーズをつかって製本です。いってきまっす!
by calico5 | 2009-03-30 15:29 | 出版・編集
鳩山郁子「アナウンスメント・コーナー」。
d0015006_0595926.gif更新です[UP]
サイン会、たくさんのご来場ありがとうございました!
全ツル連も更新です[UP]
by calico5 | 2009-03-30 01:03
「ダゲレオタイピスト」刊行&サイン会直前ご挨拶。
きのうUPできずすみません!「ダゲレオタイピスト」刊行&サイン会直前ご挨拶をアナウンスメント・コーナーにUPしました[UP]
では、明日!みなさまにお会いできますのを楽しみにしております。18:00からの回は整理券なしでお入りいただけますので、オシゴトはやめに切り上げて(笑)、ぜひおいでください!
by calico5 | 2009-03-26 19:35
鳩山郁子新刊/「ダゲレオタイピスト」本日刊行!
d0015006_8284279.jpg
あやしくきらめく虹色の箔の輝き!本日無事刊行です[UP]。そして明後日はサイン会[UP]。今日の夜、アナウンスメント・コーナーで鳩山さんからの刊行ご挨拶と、「ニット」BOXの写真のUPします。もいちどお訪ねくだされね!
d0015006_831831.jpg

by calico5 | 2009-03-25 08:33
鳩山郁子「アナウンスメント」。
d0015006_1055274.gifCDジャケットのおしごと情報更新です[UP]
サイン本のお申し込み、昨夜までにご連絡さしあげましたので、返事がないという方がいらっしゃいましたらお手数ですが、ご連絡ください。何卒よろしくお願いいたします。
by calico5 | 2009-03-22 10:08
二十騎町をこえて/後編。
d0015006_9493995.jpg
新宿東部散歩、後編です。(最後にスゴイものがでてくるよ!)…戸山をくだってすばらしい路地。井戸&苔苔。キング・オブ・路地級!
d0015006_9543066.jpg
「余丁町」[LINK]っていう町名もおもしろい。そして地形がおもしろいのはその先の「住吉町」。一区画がすり鉢状にへこんでいて、そこにびっちりと家々が建ち、あいだに小さな階段がいくつもあります。ある道では2階から入れる家が、裏に回ると1階に玄関があるという、2重の町。歩いているとクラクラします。
d0015006_1011824.jpg
そして谷底には蓮の花が。(花びらが一枚ひらいているのは、ここにお線香をおくのだろうか?)。隣の荒木町は松平摂津守の江戸屋敷の、滝があるほどの(高低差がある?)池の跡ということだから、こちらもそんな土地なのかも[LINK]。戸山町の箱根山とおなじく人工の等高線をたどってたわけですね。
d0015006_1112053.jpg
市ヶ谷薬王寺町を抜けて、二十騎(にじっき)町。騎馬のお先手組与力(さきてぐみよりき)二組(各組十騎)の屋敷町です。
d0015006_1122453.jpg
お屋敷。
d0015006_1132081.jpg
北山伏町。
d0015006_1134826.jpg
山吹町。大日本印刷。窓がカッコイイ。周辺に下請けの製本工場がならび、町全体がひとつの工場のようで、路地をリフトが走りまわってました。
d0015006_1192152.jpg
シュール!トマソン物件!
d0015006_1110756.jpg
そしてこの屋根にうまったまあるい水道タンクが妙に気になり、ふらふらと近づいてゆくと…。
d0015006_1111143.jpg
おわーっ!
d0015006_11113330.jpg
ガチャピーン!…ヤラレタ。
by calico5 | 2009-03-14 11:07 | ぶらぶら
ペンキ富士山。
d0015006_1352342.jpg
中野web更新です[LINK]。今回はお風呂屋さん!
写真を撮らせてもらって、お話うかがって、とってもおもしろかったでした。
d0015006_13533994.jpg

by calico5 | 2009-03-11 13:53 | ぶらぶら
二十騎町をこえて/前編。
d0015006_21432345.jpg
近ごろ休みのたびに新宿区東部を歩いてます。今週は高田馬場-戸山-市ヶ谷薬王寺-二十騎町-北山伏町-山吹町-榎町-江戸川橋。ご覧のとおりこの近辺は江戸時代の地名がそのまま残っていて、すこぶるおもしろいです。
出発は高田馬場。諏訪神社を通過して戸山公園・箱根山。箱根山はこのあたり一帯をしめていた尾張徳川藩下屋敷の大名庭園の築山です。(小寺 武久さんの「尾張藩江戸下屋敷の謎―虚構の町をもつ大名庭園」[amazon]はおもしろかったでした。この庭園には、大名がお買い物ごっこするための、虚構の商店街まであったんだよね)。写真は箱根山を少し下ったところにある戸山教会/戸山幼稚園です。正面はじつに牧歌的な微笑ましい建物なんだけど、
d0015006_21484733.jpg
裏側は半地下になっていて、このような要塞めいたことになっています。以前からどうしてこんな建物なんだろうと思っていたので、帰宅後これを機会と検索してみたら太平洋戦争当時の戸山陸軍学校の将校会議室だったという結果がでちゃって…これはちょっとシャレになんない。戸山一帯は医学校も含む陸軍学校の跡地で、20年ほど前に国立感染症研究所を建て直す工事をしたとき大量の遺骨がでてきて生体実験の被害者の遺骨ではという疑惑が生じ、その後うやむやになってんだもん。そんな陸軍学校の将校会議室って、どんな会議してたのか…。じつはむかし、この要塞の内側/幼稚園の音楽室に、合唱の練習に通ったことがあるのであります(笑・唱うのはバッハ以前の無伴奏合唱曲のみという渋い合唱団でありました)。…たしかにその音楽室はどこか奇妙だった…って陸軍方面じゃなくって、幼稚園だからすべての調度類がヒザくらいの高さしかないからなんだけどさ。ちっちゃい椅子、ちっちゃい机、ちっちゃいトイレ、そして何より奇妙だったのが、鏡がヒザくらいのところに貼ってあることで、何かトリッキーな感じだったんでした。
d0015006_22114647.jpg
とまあ、いわくある建物ではありますがいまは楽しい幼稚園。ネコもひなたぼっこ。
d0015006_22132716.jpg
くつろぎまくってます。
d0015006_22135783.jpg
そして戸山といえばもちろん巨大団地。
d0015006_221541.jpg
みょうリアルなゾウさんが。
d0015006_22152371.jpg
なかなかエレガントです。
d0015006_2216665.jpg
いや、ほんとに戸山団地はデカイ!明日に続きます。
by calico5 | 2009-03-08 22:30 | ぶらぶら
鳩山郁子「ダゲレオタイピスト」刊行記念サイン会「R座の夕べ」。
d0015006_14334559.jpg
きたる3月25日に刊行される鳩山郁子さんの青林工藝舎刊の新刊単行本「ダゲレオタイピスト」の特設サイト、[UP]しました。新作48頁中編書き下ろしを加え、シャープでゴシックな装幀を纏っての新刊です。

新刊刊行を記念して、
・サイン本通信販売 (3/9ご予約受付開始、3/19ご応募締め切り)[UP]
・刊行記念サイン会「R座の夕べ」 (本日3/6、21:00 ご予約受付開始)[UP]
をおこないます。くわしくは特設サイトにて!

写真はサイン会会場の「R座」。R座でお会いいたしましょう。
d0015006_14345670.jpg

by calico5 | 2009-03-06 14:32