月兎社のモト
by calico5
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
メモ帳
カテゴリ
以前の記事
2015年 06月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2011年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧
パンも醸せる。
d0015006_383317.jpg
醸し器は天然酵母も醸せるというので、通りがかりの吉祥寺グルッペにあったホシノ酵母を24時間醸してライ麦パン焼きました。一次発酵のときは「ダイジョブか?」というぐらい膨れてたんだけど、最終的にはこんな感じ。ホシノ酵母HPみるともっと膨らむはずだなあ。ちょっと失敗かも? でもパン種や饅頭種って、ほんと柔らかくて触ってるとハッピーになっちゃいます。d0015006_3145050.jpg
結局ロシアパンのようなちょっと酸味のある固いパンになり、アンチョビをのせてよ~くかむとなかなかに美味しいシロモノでした。こんど乾燥トマトいれてみようっと。
by calico5 | 2011-09-29 03:34 | いろいろ
倉敷意匠「生きものをめぐる22人の作り手たちの物語」展in国立新美術館
d0015006_0213528.jpg
倉敷意匠さんの「生きものをめぐる22人の作り手たちの物語」展が六本木の国立新美術館地下のミュージアムショップSFT GALLERYで開催中です。2011.9.14-10.17。d0015006_0171145.jpg

はばたくユカワアツコさんのトビダストリー、d0015006_0174335.jpg
結城伸子さんの「王冠の針山」や「ウニの標本箱」「ウニのコースター」、「どうぶつ帖」「どんぐりBOX」も並んでいます。カタログで拝見して「たまらない~」とシビレてたアイテムの数々に興奮の展示でした。ぜひお立ち寄りください!
by calico5 | 2011-09-28 00:22 | 本・映画・展覧会
六本木「アーヴィング・ペンと三宅一生 Visual Dialogue」展。
d0015006_20222776.jpg
六本木で「Tokyo Photo 2011」。去年迫力のあった中国や台湾の写真家の出品がなかったのがちょっとさびしかったですが、原久路さんの「バルテュス絵画の考察」シリーズがエロくてgoodでした。
d0015006_20292937.jpg

六本木ミッドタウンの店に並んだ美しいもの、上品なもの、洗練されたものを眺めたあと、21_21 DESIGN SIGHTで「アーヴィング・ペンと三宅一生 Visual Dialogue」。アーヴィング・ペン、三宅一生、安藤忠雄の設計したこの美術館、サントリー的上品さに統べられたミッドタウン。…1950年代からはじまった文化の最良の部分を体現するアーヴィング・ペンの作品を見て、1990年代に頂点をむかえた東京の繁栄を体現してるここにいると、まるで3.11前に戻ったようなココロの平安を覚える。でもすぐさま、汚染された地域に住む人々を見棄ててここの繁栄だけを続けようとしている力のことを思い、鉛を飲んだような気持ちに覆われちゃう。d0015006_20441759.jpg
芝生の公園で食べたオリーブや乾燥トマトを練り込んだバケットはとっても美味しかった。さすがに幼児を芝生で遊ばせるひとは減ったみたい。むかし文化史の先生が言ってた。マドリッド、ウィーン、ロンドンのようにいちど世界中の富が集まるバブル的繁栄を迎えて、その後頂点をすべり落ちて永い黄昏時を生きてる都市で暮らすほど楽しいことはない、東京はうまく黄昏られるかな?って。…できませんでしたねー先生、って思いながら、国立新美術館に向かいました。
by calico5 | 2011-09-27 20:56 | 本・映画・展覧会
塩麹すごすぐる。
d0015006_17331226.jpg
麹づいたいきおいで大分の池田屋醸造さんで米麹・麦麹・玄米麹(早口ことば?)を買ってしまいました。これは麦麹です。西荻長屋の前でこれを分け合ううわしらは昭和の主婦か?d0015006_1742328.jpg
こちら玄米麹。塩と麹を揉んで水を足し、1週間常温で醸します。そのあと冷蔵庫で保存。d0015006_17442667.jpg
安かった豪豚ヒレ肉をいちにち塩麹をまぶして、翌朝野菜と炒めたら…!正直、今日じぶんはいままで生きてきていちばん(笑)美味しいモノを作った!と感じました(イヤほんと、)。ちょっと言葉では説明できないんだけれど、香ばしく、深い、味わいです。d0015006_17483230.jpg
気がつくと今月は「うかたま」など雑誌には「醸し」特集多数。にっぽん女子はこのミゾウの難局を醸しで乗り切ろうとしてるのか?! …はともあれ、食をめぐっていろいろとストレスフルな今年(もー、ひどすぎ!)、個人的には前向き・新鮮なきもちでとりくめることが殊に嬉しい醸し料理なのであります。

p.s.麦麹は醸ししっぱい!塩が足りなかったのか、ツンと甘いアルコールのにほいが…。麦焼酎?!。ただいま再トライちう…。
by calico5 | 2011-09-25 18:04 | いろいろ
「種子のデザイン -旅するかたち‐ 展」。
d0015006_22343997.jpg
INAXギャラリーさんで名古屋・東京・大阪巡回展「種子のデザイン -旅するかたち‐ 展」がひらかれるとな! うれしーとくやしーが半々(笑)。結城伸子さんと制作中のご本に、これら「飛び系/くっつき系」の奇妙な種子のパートがあるので、ヤラレタ!…って書店さんでちょっとガックリしましたが、楽しみな展覧会です。

d0015006_22395815.jpg
祖父江愼さんディレクションになってから、ぶっちぎり120%いかしているINAXブックレット「種子のデザイン」のほうももちろんわくわくもの。ぜひぜひご覧ください!
by calico5 | 2011-09-20 22:43 | 本・映画・展覧会
翼果でした!
d0015006_105312.jpg
なんか部屋のなかに毛足の長いヒトがふわふわ。
d0015006_1053620.jpg
ベランダにでてみたらなんと、あのナゾの莢からふわふわサンたちが出現していました。
d0015006_1095088.jpg
このオキシペタラム(英:ブルースター、和:瑠璃唐綿ルリトウワタ)が、
d0015006_10162516.jpg
こうなって、
d0015006_1017178.jpg
こうなる!
d0015006_10172283.jpg
莢から出るとあっというまに空気をはらんで広がっていきました。あわててつかまえて土に押し込む…来年たくさん芽が出るといいなー。わくわく。
by calico5 | 2011-09-18 10:18 | どんぐり・キノコ・ニワ
倉敷意匠&月兎社フェア in ブックファースト新宿ルミネ2店さん。
d0015006_9575173.jpg
ブックファースト新宿ルミネ2店さんで、倉敷意匠カタログ全点&月兎社フェアはじまっています。ぜひおたちよりを!
d0015006_1013688.jpg

ご担当の宮田さんが書いてくださった「切手帖とピンセット」ポップ、嬉しかった!きゅーん。ありがとうございます。
by calico5 | 2011-09-18 10:00 | 出版・編集
初醸し。
d0015006_1412451.jpg
市販のお菓子を買うのをやめて、「甘い物たべたい~」「ふわふわしたもの食べたい~」発作にかられる今日このごろ、ユカワさんに甘酒づくりのことをうかがって、エウレカ!してちっちゃい醸しマシーンをポチってしまいました。お粥と麹をいれて一晩いれておくだけ。朝、フードプロセッサーにかけて無花果と生姜をいれて冷凍庫にinで甘酒アイスのできあがり。醗酵系のツンとする甘みはヴィヴィットで、ティースプーン三匙でギブ・ミー・スィーツ発作が癒されちゃいます。

d0015006_14121393.jpg
がぜん麹が気になって、おのみささんの「麹のレシピ」を購入。この本はすごい!「塩麹」を使った料理にワクテカ。おのみささんのHP「糀園」はこちらです。

d0015006_14122145.jpg

さっそくスーパーで「みやここうじ」を購入(ふつうに売ってるって知らなかった~)、醸し第2弾、塩麹へ!
by calico5 | 2011-09-15 13:58 | いろいろ
boyのために歌え girlのために歌え。


「glee」をながら見してると時々、今のドーショモナイ気分にシンクロする歌詞にひっかかってしまうんだけど、それで検索したマイ・ケミカル・ロマンスの「Sing」に、震災義援金をつのるfor Japan ヴァージョンがあるのを知ってちょとぞくり。こんなひどい国に生きることになってしまったboyに申し訳なくgirlに申し訳なく、情けなくて、また涙でました。


歌ってboy 明日がもたらすものを見て 
歌ってgirl 明日が必要とする存在になれ 
みんながあなたを仲間から外そうとするたび 
声を使うんだ 口を開くたびに使え
 
boyのために歌え girl のために歌え 
あきらめそうになった時 世界のために歌え 
心から歌え 頭がイカれるまで 
あなたを憎む人たちに向かって歌え 
耳をふさぐ人や目を閉じる人に向かって 
置き去りにしてきたすべての人に向かって 
世界のために歌うんだ

浄化された企業の発展 その過程で死んでいく
モチベーションを金で買う 無のジェネレーション
まさに死の光景 白い夢の産物
わたしは歌手じゃない ダンサーだ
答えたくない 過去の話
逃げたがる人たちのために書いた

走り続けろ
あきらめそうになった時 世界のために歌え 
心から歌え 頭がイカれるまで 
あなたを憎む人たちに向かって歌え
耳をふさぐ人や目を閉じる人に向かって 
置き去りにしてきたすべての人に向かって 
世界のために歌うんだ

明日がもたらすものを見て
世界のために歌うんだ



ちなみにフローレンス アンド ザ マシーンの「dog days are over」に歌詞にもギクリとしたんですがこちらの映像も頓狂なカブキ・メークでギクリ(笑)。

最低な毎日はもう終わり
最低な毎日はもうおしまい
馬たちが駆けてくる
ほらきこえる

全速力で父母のところへ
子ども達のところへ 兄弟姉妹のところへ
お気に入りの物はすべて棄てて
生き残りたいのならば 持ってはいけない

最低な毎日はもう終わり
最低な毎日はもうおしまい
馬たちが駆けてくる
さあ走って


てなわけでgleeのシーズン2は歌が楽しみ。とくにカートの歌にはしんみりしちゃうんでありました。
by calico5 | 2011-09-10 18:14 | いろいろ
蓮の駅。
d0015006_237685.jpg
駅構内に蓮が咲いてました。
d0015006_2374784.jpg

…じゃなくて、じつは、
d0015006_2385665.jpg
お寺の境内にあるめずらしい駅なのじゃ。
d0015006_2394339.jpg
つるかめつるかめ。
by calico5 | 2011-09-03 23:10 | ぶらぶら