月兎社のモト
by calico5
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
メモ帳
カテゴリ
以前の記事
2015年 06月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2012年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧
パフィン・ピクチャー・ブックス。
d0015006_16593820.jpg
国立の銀杏書房さんでキング・ペンギン・ブックスにであってから、古典的有名シリーズづいちゃってますが、こちらはキング・ペンギンの弟分?子ども分?「パフィン・ピクチャー・ブックス」です。うすくてペナペナ。子どものためのハウツー製本ブックレット。
d0015006_1722454.jpg
トワイライトな魅力にみちた表紙にくらべると中味はちょっとあっさりしすぎですが(笑)、製本行程が丁寧に説明されています。箔押しなんかもしていてかなり本格的。
d0015006_1734650.jpg
検索してみたら、数年前のすばらしい展覧会本「幻のロシア絵本 1920-30年代」展カタログにも執筆してらした沼辺信一先生のブログにまとまったお話が[LINK]。ソビエトの革命的子ども向け出版に感銘をうけ、方法論を開かれて、イギリス、フランス、そして遠く日本の出版社がいろいろな展開をおこなっていたのでした。

それにつけてもパフィンとぼけてて可愛いすぎ![LINK]
by calico5 | 2012-02-24 17:13 | 本・映画・展覧会
小川由里絵さん「文華鏡百全集」。
d0015006_22667.jpg
多摩美術大学の卒業制作展を観に上野毛校舎。

d0015006_2262124.jpg
オサレですね。

d0015006_2263559.jpg
お目当ては知人の小川由里絵さん「文華鏡百全集」。100冊の本を選んで、そのイメージの断片で万華鏡をつくり、Bookスタイルの箱におさめた作品です。「悲しい事も楽しい事も 上を向いてくるくるくるくる 優しい気持ちになれますように」というコンセプトにほろりときました。小川さん、100冊、がんばったね!

d0015006_227652.jpg
d0015006_2271248.jpg
作品についてくわしくはコチラ「LINK]。1眼レフもってかなくてしっぱい!「ぐりとぐら」から「燃えよ剣」まで、本のタイトル・セレクトも万華鏡にいれられたパーツもとても楽しかった。100のbox、100の万華鏡が動画で観られるwebサイト、ぜひともプリーズです。

d0015006_2272845.jpg
さすがデザイン学科。傘立ての傘まで色彩コーディネート?

d0015006_2274091.jpg
二子玉川駅からの途上でみたこの「瀬田隧道」がとっても気になる…。

d0015006_2275147.jpg
…おまけ。学内に「地震がおきたら<おはしも>」というポスターがいっぱい貼ってあって、なかでもトイレ編に目が点。「1.すぐにトイレの戸をあける」「2.しゃがんで頭の上に手をのせる」「3.あわてないでじっとしてる」…きゅー。絵にも描けないなさけナサ(笑)。ちなみに<おはしも>は「おさない」「はしらない」「しゃべらない」「もどらない」、だそうです。
by calico5 | 2012-02-23 02:15 | 本・映画・展覧会
世間では、
d0015006_0151651.jpg
サメがさわぎをおこしていますが、モナコにはマンボウの切手がありました。(…そんだけ・笑)。
by calico5 | 2012-02-22 00:17 | 切手
ちっちゃいエルフ文庫。
d0015006_23475522.jpg
過日、都民原発投票しに西荻の雑貨店loupeさんにいって[LINK]、このひつじ本にでくわしました。破れページがあったので安かったー。
d0015006_23494864.jpg
それと首の動かせる羊の親子。おかあさん390円、お子さん290円。投票数達成できたと店主さまに伺ったのと、ひつじgetで心安まるひととき(笑)。
d0015006_2352587.jpg
これは「ジュニア・エルフ・ブックス」という子ども向けのシリーズです。古本海猫さんのサイトにシリーズ・レヴューがありました[LINK]
d0015006_23564243.jpg
んんん…版元はシカゴのランドマクナリー社?…てことは、大好きな「ラップランドの子どもたち」「日本の子どもたち」ほかchildrenシリーズ[LINK]のあの版元ではないですか。いまや世界屈指の地図&カーナビ・ソフト会社となったランドマクナリー社です。
d0015006_034370.jpg
たしかにこの見返しにいきなりページが印刷してある大胆な造本、ざっくり気持ちいいとこ、さすがランドマクナリー社とますますフェヴァリエット版元と化してしまうのでありました。
by calico5 | 2012-02-20 00:17 | 本・映画・展覧会
ミルクの時間。
d0015006_12471146.jpg
新着&再入荷しかけのあるイギリスのシルバーチャーム購買部に[UP]です。
d0015006_12515929.jpg
アリスのような服装のヴィクトリアン少女が、戸棚の前で、仔犬を待たせてます。
d0015006_12531868.jpg
床にはミルク皿が。こまかい!
d0015006_12535138.jpg
シャープなペンシル型ロケット。
d0015006_12542729.jpg
なかからは宇宙飛行士。
d0015006_12545878.jpg
ホイッスル。
d0015006_12551416.jpg
なかには犬?オオカミ?
d0015006_12553945.jpg
貯金箱こぶた。
d0015006_12561284.jpg
なかにはコインと思いきや、ボタン&安全ピンでした。なにかことわざでもあるのかな?
by calico5 | 2012-02-18 12:57 | ガラクタ
クルテクさんのミツバチわんこ。
d0015006_2401512.jpg
ミツバチと仔犬のすんごく可愛い絵本に出くわしました。
d0015006_242321.jpg
ぷっくりしたミツバチたちよ!
d0015006_24394.jpg
きゅー!
d0015006_2433561.jpg
帰って調べたら、もぐらのクルテクで有名なチェコの国民的作家ズデネック・ミレルの「しりたがりのこいぬ」シリーズの一冊でした[amazon]。日本でも昔から翻訳絵本がでていたんだね。知らなかったー。ほかにも「しりたがりのこいぬとおひさま」「しりたがりのこいぬとたまご」。これも読みたいです。アニメも発見![ytube]…こいぬはアニメより絵本のほうがぷっくらしてて可愛いかも。
d0015006_2594342.jpg
見返しも可愛いすぎ!…この本は、西荻の小さな路地にあるnanoさんでみつけました[LINK]。チェコ絵本の九段ブックスさんの棚があり、キノコ図鑑やおもしろい科学絵本もいっぱいあったよ!…じつはこの路地、中学生のときの親友かおるさんの家のあった路地で、学校帰りに毎日飽きもせず分かれ難く立ち話していた道なのでした。彼女んちの黒犬クロちゃん(正式名クロディーヌ・笑)も可愛かったな。なつかしいなーと思って久しぶりに踏み入れた路地に、こんなお店ができていました。またいこ。
by calico5 | 2012-02-16 03:11 | 本・映画・展覧会
英国ストーンウェアの湯たんぽ。
d0015006_373628.jpg

きょくりょく、嵩張るものは蒐めないようにしているんだけど近年ちょとしんぼうたまらんのがイギリスのストーンウェアの湯たんぽです。思いっきり重くて嵩張り床でゴロってます。イギリスはこのカマボコ型が多くて、フランスはひらべったい円型が多いみたい。
ストーンウェア(せき器)は、陶器と磁器の中間の焼き物で、丈夫で水に強いことから、保存食用の瓶など実用的な器として重宝され、愛好家も多くて、コレクション対象にもなっています[LINK]。羽根と数字のデザインに惹かれるレッドウィング・シリーズの保存瓶や、どんぐりマークの水瓶など、2ガロン瓶とか3ガロン瓶とか、大っきすぎて手がでない…が!湯たんぽだったら、身近に実用できました。
d0015006_375153.jpg
実際つかってみると、じーんわり朝まで温かく、なにより重いので蹴り出さない(笑)のがいいです。昼間足もとで使うにも見映えヨシ!焼き物の螺旋蓋というのも使っていておもしろいです。…てなわけでひとつ、購買部にて![LINK]
d0015006_3321274.jpg
こんかいはそのほか、ロシアのマトリョーシカ七宝バッジや
d0015006_3325769.jpg
新着イギリスのシルバーチャーム。
d0015006_3332790.jpg
好評スワンさん、猫ブーツのほか、手足のうごくテディ・ベアやレリーフの細かいカトラリーなどなどです。
by calico5 | 2012-02-14 03:36 | ガラクタ
「今和次郎 採集講義 展/ 時代のスケッチ。人のコレクション。」展。
d0015006_0143347.jpg

パナソニック汐留ミュージアム「今和次郎 採集講義 展/ 時代のスケッチ。人のコレクション。」展。すっごくおもしろかったです[Link]。人々の衣食住すべてに向けられていた今和次郎と仲間たちの飽くなき好奇心。街ゆく人々の履き物の種類ごとのカウント、衣服の色のカウント。おかみさんたちの前掛けの縞の種類のカウント、受験生の絣の柄のカウント、それらトレーシングペイパーに記されたペン画の線の愉快さったらない。むちゃくちゃ細かくて、でもむちゃくちゃ風通しの良い展覧会です。オススメ!
d0015006_0235799.jpg
行く途中通りかかった京橋のパイロット万年筆本社。1Fがカフェ、2Fがペン・ギャラリーになっていました[Link]。落ち着ける感じで穴場かも?
d0015006_0264290.jpg
コカコーラかお醤油か?ってくらいデカいインク壜。昔のオフィスのインク消費量ってすごかったのかなあ。
d0015006_02818.jpg
展示してあった伊東屋100年記念てぬぐい。ホシイ。
d0015006_0334029.jpg

d0015006_0385050.jpg東京駅八重洲口から京橋へゆくとちゅうの飲み屋街シブイです。小路においてあった火消し壺。
←そんなにゴルフがすきなんかい!(笑)。でした。
by calico5 | 2012-02-05 00:40 | 本・映画・展覧会
ペンギン王。
d0015006_13192713.jpg
国立の銀杏書房さんでペンギンブックスから出ていた瀟洒なシリーズ「ザ・キング・ペンギン」のことをおそわりました。これは「スタッフォードシャー陶器の動物」の巻。表紙も書体もすばらしー。
d0015006_13242644.jpg
国立の並木道の街灯に、
d0015006_13253093.jpg
お城がついてるのには初めて気づいたー!
d0015006_1326161.jpg
前島さんと、いろいろ楽しい国立さんぽでした。
by calico5 | 2012-02-04 13:27 | 本・映画・展覧会